サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 高性能版は557ps/680Nm、メルセデス AMG GT「ロードスター」が登場

ここから本文です

高性能版は557ps/680Nm、メルセデス AMG GT「ロードスター」が登場

8月25日、メルセデス AMG GTをベースにしたオープンモデル「GT ロードスター(1834万円)」と、その高性能版たる「GT C ロードスター(2298万円)」が発売された。これにより、「GT R」を頂点としたクーペの3モデルと合わせ、全5モデルにラインナップが拡充した。

両モデルが採用するソフトトップは、完全自動開閉かつ50km/hまでなら走行中でも開閉可能で、所要時間は約11秒。マグネシウム・スチール・アルミニウムによる3層構造によって軽量化を図り、低重心化にも貢献している。カラーは、ブラック・レッド・ベージュの3色から選べる。

圧倒的な高性能を誇る2シーターオープン

パワートレーンはクーペと同じく、AMG 4.0リッターV8直噴ツインターボエンジン「M178」と、7速デュアルクラッチの「AMGスピードシフトDCT」の組み合わせ。GT ロードスターは最高出力476ps/最大トルク630Nm、GT C ロードスターは同557ps/同680Nmを発生する。GT C ロードスターの0-100km/h加速は3.7秒で、オープンモデルながらもシリーズ最強の「GT R」の3.6秒に迫る加速を実現している。

GT C ロードスターにはその他にも走行性能を高めるテクロノジーが満載されている。たとえば磁性流体による可変マウント(エンジン&トランスミッション)、AMGリア・アクスルステアリング、電子制御AMGリミテッド・スリップ・デフなどが標準装備される。

ドライブモードは、燃費と快適性を優先する「C(Comfort)」、よりスポーティな「S(Sport)」と「S+(Sport Plus)」、様々なパラメータを個別に設定できる「I(Individual)」を設定。GT C ロードスターには、サーキット走行向けの「RACE」モードも備わる。

ロードスター独自のグリルや快適装備を採用

エクステリアでは、クロームメッキを施した15本の垂直フィンを備える「AMG パナメリカーナグリル」が目を惹く。このデザインは、レース仕様の「300SL」で初採用された由緒あるものだ。

インテリアは基本的にクーペを踏襲する一方、風の巻き込みを低減するドラフトストップや、温風で首元を暖めるエアスカーフを装備したAMGパフォーマンスシートを採用し、オープンドライブをより快適に楽しめる仕様とされている。

次のページ>>グレード・価格・エンジンスペック

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します