サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > スクープ > お値段3億円超えでも112台が一瞬で完売! 復活した新型「カウンタック」にはランボルギーニの歴史と未来のすべてがある

ここから本文です

お値段3億円超えでも112台が一瞬で完売! 復活した新型「カウンタック」にはランボルギーニの歴史と未来のすべてがある

お値段3億円超えでも112台が一瞬で完売! 復活した新型「カウンタック」にはランボルギーニの歴史と未来のすべてがある

>>ランボルギーニのカタログモデルをチェックする

カウンタックはランボルギーニの歴史を象徴するモデル

>>ランボルギーニ カウンタック LPI800-4のカタログデータをチェックする

ランボルギーニ社が「カウンタック(countach:日本の表記ではカウンタックだが、イタリア語の発音はクンタッチに近い)」を復活させた理由は同社にとって非常に重要なモデルだったからだ。

オリジナルのカウンタックは1966年から発売していた「ミウラ」の後継モデルとして開発がすすめられていた中の1台で、1971年のジュネーブショーでは参考出品として、ランボルギーニではなくてベルトーネのスタンドに展示された。

ピエモンテの方言で「一体何だこれ!(countach)」と名付けられたように、マルチェロ・ガンディーニの未来的なデザインは当初市販は到底無理と判断されていた。しかし反響は凄まじく、社長のフェルッチオ・ランボルギーニは今からちょうど50年前の1972年5月に生産販売を決定したのだった。

その後、ランボルギーニ社は幾多の経営難に遭遇したが、カウンタックは1990年まで生き延び、およそ2000台が出荷されたのである。当時スーパー・スポーツカーとしては異例の生産台数と長寿が日本にも輸出された一つの要因であった。そしてカウンタックのV12縦置きパワートレーンと前衛的なデザインはランボルギーニのDNAとして、その後に登場してきたモデルに受け継がれているのである。

>>ランボルギーニのカタログモデルをチェックする

オリジナルカウンタックのアイコンを随所に採用

復活を果たした新型「カウンタック LPI 800-4」の試乗会はランボルギーニ本社のある北イタリアのサンタアガタで開催された。生産台数が僅か112台ゆえに我々の前に現れた試乗車は1台であった。また比較のために2台のオリジナルカウンタック「25周年記念モデル」と「LP400」も用意されていた。

インパクトホワイトのカウンタックのボディサイズは全長4.87m×全幅2.1m×全高1.14mで、半世紀前のオリジナル・モデルよりも7.3cm長く、7cm高い。

社長のステファン・ヴィンケルマンは「単なるレトロではなく、将来のデザイン方向性を見据えた新提案である。」と主張するが、前方に鋏(はさみ)のように跳ね上がるシザースドア、フロントウインドウの切り抜き、六角形のホイールハウスとテレフォン・ダイヤル・ホイール、そしてNACAダクトなどのデザインアイコンが残されている。

>>ランボルギーニ カウンタック LPI800-4のカタログデータをチェックする

快適な居住空間とデジタルコクピット

風洞で鍛え上げられた楔(くさび)のようなフォルムのスムースなサーフェスをもったボディはさすがに時代の隔たりを感じる。当時「カウンタック・アクロバット」と揶揄された乗降性は、高くなったルーフと低く細いサイドシルのお陰で大きく改善されている。

室内は大人2人分の必要にして十分な空間。ルーフは比較的低いが透明度が変わる液晶ガラスで圧迫感はなく、後方視界も何とか確保されている。

インテリアは大きく弧を描いたタコメーター、シフトインジケーター、速度が表示されるデジタルメーターがドライバーの正面に、またカーボン製のセンターコンソールにはインフォテイメントパネル、空調やシートヒーターなどのアナログスイッチが並んでいる。

ステアリングホイールはマルチファンクションではなく、ステアリングの操作に専念できる。ランボルギーニは将来的にはアウディから音声入力システムを導入する予定なのだ。

>>ランボルギーニ カウンタック LPI800-4のカタログデータをチェックする

駆動系はハイパーカー「シアン」と共通

真っ赤なカバーのスターターボタンを押すと6.5リッターV12エンジンが目覚める。パワートレーンは基本的には2019年にわずか63台のクーペと19台のロードスターが販売された「シアン」と同じマイルドハイブリッドシステムが搭載され、スーパーキャパシター(コンデンサー)によって駆動される34馬力の電気モーターが組み合わせられる。

このシステムは軽量で作動が素早く、大排気量自然吸気エンジンのアシストを行う。システム出力は814ps、最大トルクは720Nmを発生。組み合わされるトランスミッションはアベンタドール以来ランボルギーニの看板となっているイタリア・グラチアーノ社製ISR(インディペンデントシフティングロッド)7速セミオートマチックで、シングルクラッチながらデュアルクラッチ方式よりも素早く快適なシフトワ―クを提供する。

カタログ上のダイナミック性能は0-100km/hが2.8秒、200km/hは8.6秒、最高速度は355km/hである。最大トルクを6750rpmで発生するV12 エンジンは高回転タイプで澄んだエグゾーストサウンドが響き渡る。

>>ランボルギーニ カウンタック LPI800-4のカタログデータをチェックする

硬めの乗り心地だがGTカーとしての快適性は十分にある

アウトストラーダの入り口からフルスロットルで試みたトルクの盛り上がり感と息の長い加速はEVスポーツカーでは体験できない魅力だ。可変ステアリングは軽めで正確、4WSの助けもあって自重1.6トン、2.7mのホイールベースにも関わらず敏捷なハンドリングを可能にしている。

プッシュロッドとマグネティックダンパーによる乗り心地はスーパースポーツ相応に固めだが、シャーシは決して不快な突き上げなどをパッセンジャーに伝えず、GTカーとしての快適性は十分に保たれている。一方でフロント20インチ、リア21インチのピレリPゼロのグリップは強大で、タイトなコーナーはもちろんヘアピンでも狙ったラインをトレースすることができた。

新型カウンタックは240万ユーロ(約3億4千万円)と庶民の想像を超える価格にも関わらず、昨年ペブルビーチで公開された直後に限定生産台数112台が完売してしまった。もちろん日本への割り当てもあり、先日1台が上陸したはずだが、それ以外に何台が輸入されるかは発表されていない。

ただし、現地の情報によれば、あと10年経てば同じようなコンセプトを持ったニューモデルが再登場するはずで、買い損ねたリッチな人はそれまでに十分な可処分所得を蓄えておくことをお勧めする。

>>ランボルギーニ カウンタック LPI800-4のカタログデータをチェックする

>>ランボルギーニのカタログモデルをチェックする

おすすめのニュース

サイトトップへ

関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら