サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 新型Cクラスクーペ試乗。AMG C63クーペはサーキットで全開走行

ここから本文です

新型Cクラスクーペ試乗。AMG C63クーペはサーキットで全開走行

Cクラス クーペの最大の魅力はスタイリング

まさに熱い走りのC63Sクーペだったが、やはり最大の魅力はその迫力ある見た目だろう。美しいノーマルのクーペに対して、さらに鍛え抜いてマッチョになった感じは、クルマ好きにはたまらなく響くスタイルを生み出している。

そんなC63Sクーペのサーキット試乗を後にして、宿までの道ではノーマルのクーペを走らせた。こちらはAMGから比べるとだいぶ落ち着きのある感覚を備えている。そして、ノーマルのクーペのトピックも、もちろんその美しいデザインにある。メルセデス・ベンツは既に最上級のSクラス クーペで、新世代のクーペ・スタイルを提示しているわけだが、今回のCクラス クーペもこの流れを汲むスタイリングでまとめられている。

セダンとは異なるAピラーから始まるルーフのラインは優雅な弧を描いてリアへと流れていく。ルーフもセダンに比べて25mm低い。また特徴はクーペ専用となるリアの横長コンビランプを取り入れたデザインで、これはSクラス クーペの他、GLEクーペとも共通する手法だ。今後も他のクーペに継承されるものになるという。

試乗したのは「C300クーペ」と呼ばれるモデル。かつては300とくればV6だったが、現在では2.0Lの直噴ターボで最も出力の高いモデルとなる。最高出力は245ps、最大トルクは370Nmで、7速ATの7Gトロニック・プラスが組み合わされる。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します