サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > マツダCX-3がマイチェン。新開発エンジンやタイヤ、先進技術と内容充実

ここから本文です

マツダCX-3がマイチェン。新開発エンジンやタイヤ、先進技術と内容充実

電動パーキングブレーキでセンターコンソールを一新

5月17日、マツダは同社のコンパクトクロスオーバーSUV、CX-3をビッグマイナーチェンジした。マツダはこのところ1年に1回という定期的なペースで各モデルに改良を加える“年次改良”を実施しているが、今回は内外装からエンジン、足回りにいたる本格的なビッグマイナーチェンジになっている。目立つトピックを見ていこう。

見た目ですぐ判るのはインテリアだ。パーキングブレーキが電動式になり、レバーが無くなったセンターコンソールはコマンダースイッチ周りを含めて全面的に刷新され、アームレストとマルチボックスが追加されている。後席センターアームレストにも開閉式カップホルダーを採用。また、助手席側にのびるインパネパッドの形状や、シートの仕立てなども上質感が高められた。

一方、エクステリアはグリルのフィン形状やアルミホイール、クロームモールのデザイン変更、そしてリアコンビランプのデザインが変更されている。

1.8Lディーゼルエンジンやタイヤを新開発

走り面ではまず、CX-8やCX-5と同様に燃焼効率やノック音低減に効果のある急速多段燃焼を採用する、1.8Lディーゼルエンジンを新開発(従来は1.5Lディーゼル)。2.0Lガソリンエンジンもピストン形状や燃料噴射周りが最適化されている。ディーゼルは排気量が増しているものの、改良ガソリンエンジンと共に実用燃費が向上しているという。

さらにマイナーチェンジでは珍しくタイヤ(215/50R18、トーヨー・プロクセス)も新開発。同時に前後サスペンション(ダンパー径UPやマウント構造)などにも手が入って、滑らかな乗り心地や応答性が高められた。また、前後ドアパネルや後ドアガラスの板厚、ヘッドライナーの厚みを上げるなど、静粛性の向上にも本格的な手が入っている。

夜間の歩行者検知や全車速追従型のACCも搭載

先進安全性能では、夜間の歩行者検知機能や、停止までの全車速で追従するようになったアダプティブクルーズコントロールの搭載が大きい(従来の下限は30km/h)。また、自動防眩ルームミラーが標準装備された。価格はガソリン車の20Sプロアクティブ(FF)で5万円弱、ディーゼル車のXDプロアクティブ(FF)で3万円弱の上昇などとなっている。

次のページ>>スペック

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します