サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > モデル末期のトヨタ「ノア」 あえて今選ぶならハイブリッドより安価なガソリンモデルがおすすめ

ここから本文です

モデル末期のトヨタ「ノア」 あえて今選ぶならハイブリッドより安価なガソリンモデルがおすすめ

現行モデルのデビューは2014年

トヨタ「ノア」は、姉妹車である「ヴォクシー」と同時に2001年11月に誕生した5ナンバーサイズのミニバンです。比較的若年層向けであるヴォクシーに対して、歴代ノアは「ファミリー向け」とされていて、ややエッジの立ったデザインであるヴォクシーとは異なる、万人向けのおとなしいデザインが採用されています。

現在販売されているのは3代目のノアで、そのデビューは2014年1月でした。

クラストップの低床フロアを実現した新開発パッケージにより、全高を下げながらも室内高は当時クラス随一の1400mmに。そしてホイールベースを延ばしたこともあって、室内空間の広さもクラストップレベルの一台となりました。

また7人乗り仕様のセカンドシート(キャプテンシート)は、810mmという超ロングスライド量を実現。そして6:4分割のチップアップシートとなる8人乗りのセカンドシートも、先代比で+50mmの580mmのロングスライドを確保。スライドドアの開口幅も拡大され、その乗降性と使い勝手は、当時としてはすこぶる良好でした。

用意されたパワーユニットは1.8Lエンジンにモーターを組み合わせたハイブリッドと、2L直4ガソリンエンジンの2種類。トランスミッションはハイブリッド車が電気式無段変速機で、ガソリン車が7速スポーツシーケンシャルシフトマチック付きCVTです。

その後、2016年1月の一部改良で運転支援システム「Toyota Safety Sense C」を設定し、2017年のマイナーチェンジでフロントグリルのデザインを変更、クルーズコントロール(定速タイプ)を全車標準装備にするなどの改良も行いました。

そして2019年1月には、「Toyota Safety Sense」において昼間の歩行者も検知対象とするプリクラッシュセーフティを採用し、駐車場などでのアクセルとブレーキのペダル踏み間違い時における衝突被害軽減に寄与する機能「インテリジェントクリアランスソナー」を新たに設定するなどの一部改良を行いました。

次のページ>>今選ぶなら唯一の優位は価格か

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します