サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > スクープ > ゴルフ8世界初公開。進むデジタル化の一方でコストダウンが目につく部分もある

ここから本文です

ゴルフ8世界初公開。進むデジタル化の一方でコストダウンが目につく部分もある

小型化したATセレクターとデジタルスクリーン

インテリアはスタンダードではドライバーの正面に10.25インチのデジタルコクピット、ダッシュボード中央には8.25インチのタッチスクリーン式インフォテインメントが備わる。マルチファンクションステアリングも標準装備だ。オプションのイノヴィジョン コクピット(写真)では10.25インチと10インチのインフォテインメントスクリーンが一体化されている。またヘッドアップディスプレイはウインドシールドに直接照射するタイプとなった。

もう一つ、大きく変わったのはDSGのセレクターで、シフトバイワイヤが採用された結果、これまでとは全く異なる5cmほどの小さなスイッチで、RND/Sを選択し、Dレンジのシフト操作はステアリングのパドルで行う。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します