サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 新型3シリーズは3眼カメラの高度アシストや音声認識を標準装備して価格ほぼ据え置き

ここから本文です

新型3シリーズは3眼カメラの高度アシストや音声認識を標準装備して価格ほぼ据え置き

トレッドやホイールベースも一気にワイド化

1月30日、BMWが新型「3シリーズ」を日本で発表しました。発売は3月9日と少し先ですが、1月31日から東京八重洲のBMWグループテラスで先行展示が始まります。

シャシーから一新された今度の3シリーズは全長で70mm、全幅で25mm、ホイールベースで40mmと大幅に大型化。これは主に走行性能やフロントノーズを長く取ったデザインのためで、トレッドも前が43mm、後が21mm広げられています。前後重量は50:50。アルミなどを多用して先代比で55kg軽量化され、重心高も10mm下げられました。

日本の発売ラインアップは、ターボなどに改良を加えた2.0L直4ガソリン直噴ターボを搭載する「320i」(184ps/300Nm)と「330i」(258ps/400Nm)。日本で主力となる320iの184psユニットは日本向けチューンとなっています。

デジタルメーターや音声認識機能、運転アシストも充実

また、「BMWオペレーティングシステム7.0」が導入され、メーターはついに12.3インチディスプレイでフルデジタル化。速度&回転計の間にはナビの一部も表示できます。また、自然な会話で操作や情報検索ができる「BMW インテリジェント・パーソナル・アシスタント」も標準装備。エアコンの操作や、渋滞情報や天候情報などを聞いたり、オペレーターに繋ぐこともできます。

運転アシスト機能も豊富で、日本に初導入される3眼カメラを使ったステアリングアシストは0-210km/hの間で車線の中央維持が可能。社内実験では東京~大阪間の高速ドライブでほぼ確実にレーンキープしたと胸を張ります。

また、35km/h以下になると直近50mのドライブルートを自動的に記録して、狭い路地など切り返しが難しい場所に入り込んだ際に自動でバックできる「リバース・アシスト」も標準装備。オプションでは縦列と並列駐車を自動で行なう「パーキング・アシスト・プラス」も設定しています。

主力の320i Mスポーツを筆頭に価格はほぼ据え置き

価格は主力の「320i Mスポーツ」で583万円と、旧モデルと変わらず。最新の運転アシストやデジタルメーター、音声認識機能などを標準装備していることを考えると、かなり攻めた価格設定と言えそうです。

最後に2019年は3シリーズの年と位置づけられ、「320d xドライブ」「340i xドライブ」「330e(PHEV)」なども発売予定となっています。

<各グレードの価格>
BMW 330i Mスポーツ 632万円
BMW 320i Mスポーツ 583万円
BMW 320i スタンダード 523万円
BMW 320i SE 452万円(※2019年中旬発売予定)

次のページ>>スペック

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します