サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > プジョー、新型208をジュネーブモーターショーで公開へ。航続距離340kmの電動仕様モデルも

ここから本文です

プジョー、新型208をジュネーブモーターショーで公開へ。航続距離340kmの電動仕様モデルも

仏プジョーは、Bセグメント(コンパクトクラス)のハッチバック、新型「208」の概要を発表した。

新型208のパワートレインは、トレンドの変化や燃料の多様化に応え、電気、ガソリン、ディーゼルの3種類を用意する。スタイリングは、プジョーブランドの掲げる上級志向化に基づいて刷新を図り、若々しく、エネルギーに満ちたデザインを追求した。内装は、新世代の「i-コクピット」を採用し、デジタル時代に合わせた新世代のインターフェイスを採用。このようにあらゆる面で刷新を図ったのが208シリーズの大きな特徴となる。

プラットフォームは、BセグメントからCセグメント(コンパクト-ミディアムサイズ)のさまざまなパワートレインに対応可能な新世代のCMPプラットフォームを採用する。その結果、車重は従来モデルに比べて、30kgの軽量化を実現するという。

パワートレインは、1.2リッター3気筒ガソリンエンジン及び1.5リッター4気筒ディーゼルエンジンを搭載し、ガソリン仕様は100hp仕様、136hp仕様、174hp仕様と3種類の出力の異なるバージョンが設定される。ディーゼル仕様の出力は136hpとなる。

一方、電動仕様の「e-208」は、50kWhの大容量バッテリーを搭載し、一充電あたりの航続距離は340kmを達成した。充電時間は家庭などに設置するウォールボックスタイプによる充電の場合で、5時間15分でフルチャージが可能という。

インテリアは、3Dタイプのメーターパネルのほか、グレードにより5インチ、7インチ、10インチの3タイプが設定されるタッチスクリーンの採用などにより、デジタル時代を感じさせるレイアウトとなる。また最近のプジョーのトレンドである小径ステアリングホイールも採用する。Apple CarPlay及びAndroid Autoに対応し、スマートフォン内アプリケーションを車内で楽しむことも可能だ。

新型プジョー208の実車公開は、3月5日に開幕するジュネーブモーターショーが予定されており、プジョーブースは大いに賑わいそうだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します