サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > スクープ > アウディA4大幅改良で高性能ディーゼルのS4 TDIも登場。ライバル猛追でブランド不振を挽回できるか?

ここから本文です

アウディA4大幅改良で高性能ディーゼルのS4 TDIも登場。ライバル猛追でブランド不振を挽回できるか?

熟成された走り。0-100=4.8秒のV6ディーゼルも登場

テスト車に搭載されているエンジンは2リッター4気筒ターボで最高出力245ps(180kW)、最大トルク370Nmを発生する。7速Sトロニックとの組み合わせで、1615kgの4ドアボディを100km/hまで5.8秒で加速、最高速度は250km/hでリミッターが働く。ミドルクラスの実用セダンとしては十分以上なパフォーマンスである。

走り出すと、直噴ターボは低回転から十分なトルクを発生、7速Sトロニックもいつものスムースさで、流れるような加速を開始する。シャーシは基本的に同一のはずだが、低速で走り出すとややハード、というよりも締まった感じを受けた。

しかし速度を上げてゆくと路面にぴったりと張り付いたクワトロフィールで峠道を抜けてゆく。走りの品質は一層磨きがかかったことが分かる。このA4にはスタンダード仕様とスポーツ仕様、さらにオプションで2種類の可変サスペンションが用意される。可変サスペンションはコンフォート仕様が車高を10mm下げつつ快適性を向上させ、スポーツ仕様では23mm下がってダイナミック性能を高めている。

ドライバーアシスト機能はアッパークラス並みに充実しており、「シティ」「ツアー」「パーキング」の各パッケージで様々な機能が選べる。

アウディA4のバリエーションには48Vのマイルドハイブリッドでパフォーマンスと環境の両立を目指した、255kW(347ps)、700Nmを発生する3リッターV6ディーゼルを搭載する「S4 TDI」もラインアップされる。8速Sトロニックとクワトロ(4WD)の組み合わせで0-100km/hが4.8秒、最高速度は250km/hで制限される。

現行型の第5世代A4は2015年の発売以来すでに34万5000台近い販売実績を上げているが、このビッグフェイスリフトでプレミアム御三家の一角として「BMW 3シリーズ」や「メルセデス・ベンツ Cクラス」に勝るとも劣らない躍進を見せるだろう。日本への上陸は早ければ年内と思われるが、価格はまだ発表されていない。

※取材記者が独自に入手した非公式の情報に基づいている場合があります。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します