サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 実は運転席が一番快適かも!? 大型観光バス「エアロクィーン&エアロエース」に乗った

ここから本文です

実は運転席が一番快適かも!? 大型観光バス「エアロクィーン&エアロエース」に乗った

運転席はフワッフワの絨毯のような乗り心地

さてこの試乗会、大型免許を所持していれば運転できる(!)ということで、まさかの編集K、なぜか大型免許を持っていたため運転することに。大型所持とはいえ、ほとんど運転経験がないため、ドキドキです。

巨大なフロントガラスからの眺望は抜群で、横幅2490mmもありますがスクエアな形状と大きなサイドミラーのおかげで車幅が確認しやすくそこまで大きく感じません。運転席シートにはエアサスペンションが内蔵(グレード別装備)されており、座ると「シュー」と小さな音を立てて沈み込みます。ステアリング位置を調整してステアリングコラム左側のレバーにあるダイヤルを「N」から「D」に回し、インパネ左にあるエア式のサイドブレーキレバーを下に落とせば、あとはアクセルを踏み込むだけでスタート。

「アクセルを強く踏み込まないとなかなかスタートしないので、グイッと踏み込んでください!」と指導員の方の助言を受け、アクセルをグイッと踏み込むとゆっくりとスタートします。エンジンがリアタイヤの後にある「RR」方式であり、かつその位置は運転席の10mほど後方にあります。エンジン音は遠くに聞こえ、運転席は静寂。クラッチを自動で作動させるトランスミッションの変速フィールはまさにMT車のような具合で、1~2秒弱くらいの間を空けてから次のギアに変速します。栃木県喜連川にある三菱ふそうのオーバルテストコースをスムーズに加速させていき、ゆったりとした加速で100km/hに到達します。

そのフィーリングは快適の一言! ひょっとして運転席が一番快適かもしれない。エンジン音はほとんど聞こえてこないし、風切り音も小さく、なんと言っても乗り心地はフワッフワの絨毯のよう。いつも客席で感じているあのフワフワ感とは違う、エアサスシートの運転席ならでは。その先の道の状況を予測しながら味わうフワフワ感は格別のものです。

ということで、車内や装備の詳細などはフォトでお楽しみください。

スペック

【 エアロクィーン(試乗車) 】
全長×全幅×全高=11990×2490×3520mm
駆動方式=RR
エンジン=7.7L 直列6気筒 ディーゼルターボ
最高出力=381ps/2200rpm
最大トルク=1400Nm/1200-1600rpm
トランスミッション=8AMT
重量車モード燃費=4.90km/L(14トン超~16トン以下)
使用燃料=軽油
サスペンション=前:独立懸架式エアサス(鋳物センターメンバー)
        後:車軸式エアサス
タイヤサイズ=前後:295/80R22.5
車両本体価格=4920万2000円

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します