サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > ボルボ、XC40のEVを欧州で発表。航続距離は400kmを超える

ここから本文です

ボルボ、XC40のEVを欧州で発表。航続距離は400kmを超える

ボルボ・カーズは、コンパクトSUV「XC40」のラインナップに、ブランド初となるフルEV「XC40 リチャージ」を追加し、欧州で発表した。

“ツインエンジン”と彼らが呼ぶプラグインハイブリッド(PHEV)を積極的に投入するなど、電動化を積極的に進めてきたボルボ。一方、これまでフルEVはラインアップしてこなかったが、今回満を持してコンパクトSUVのEVがラインアップに加わることとなった。

公式イメージに映るXC40 リチャージは、外観上は通常モデルと大差ないが、4気筒エンジンが収まっていたボンネット内部は荷物スペースに変更され、4輪はフロア下に搭載するバッテリーからの電力で駆動される。フロントグリルがボディ同色のパネルで覆われるのも、内燃機関の冷却が不要になった証拠だ。

詳細なスペックは公表されていないものの、システム出力は408馬力とアナウンスされ、現行モデルで最も大柄な「XC90」のトップグレードをも上回る値だから、動力性能はかなりのモノと見ていいだろう。一方で、航続距離も400km(WLTP)を超え、急速充電を使えば40分で80%までチャージ可能など、ロングドライブも苦にしない万能性も備えている。

初のフルEVというだけでなく、アンドロイドOSを搭載した新型インフォテイメントシステムをボルボとして初採用している点もXC40 リチャージのアピールポイント。今後、このシステムは他のモデルにも拡大採用され、PHEVではモーターによる通算走行距離を算出する機能なども備わるようだ。

これからの5年間、毎年フルEVをリリースし、2025年までに販売台数の50%をフルEVとするというのがボルボの計画。ちなみに、販売台数の残り半分はハイブリッドとなり、今回お披露目となった「リチャージ」はフルEVとPHEVへ付されるサブネームになるという。「ボルボにとって電動化こそ未来」と繰り返してきたCEOの言葉どおり、北欧からのEV攻勢にしばらく目が離せそうにない。

【 ボルボ XC40のその他の情報 】
ボルボ XC40の中古車一覧
ボルボ XC40のカタログ情報
ボルボ XC40の買取相場

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します