サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 日産、新型エクストレイル発表。e-POWER×e-4ORCEで“上質タフギア”に進化。価格は約320万円から

ここから本文です

日産、新型エクストレイル発表。e-POWER×e-4ORCEで“上質タフギア”に進化。価格は約320万円から

>>日産 エクストレイルのスペック詳細はこちら

日産は7月20日、全面刷新した新型「エクストレイル」を発表した。発売は25日から。

価格は2WDモデルが319万8800円から429万8800円、4WDモデルが347万9300円から449万9000円(いずれも税込)で、4WDモデルには3列シート車(グレード:X e-4ORCE)もラインアップする。

4代目となる新型は、初代からのDNAである「タフギア」としての魅力を継承しつつ、新たに「上質さ」をコンセプトに加え、第2世代「e-POWER」や電動駆動4輪制御技術「e-4ORCE」を搭載した。

パワーソースは第2世代e-POWER×VCターボエンジンのみ

新型エクストレイルはプラットフォームを刷新。遮音を徹底し、力強さ・なめらかさ・静かさを向上させた第2世代e-POWERと、日産が世界で初めて量産化に成功した可変圧縮比エンジン「VCターボエンジン」を組み合わせることで、上質のコンセプトにふさわしい高い静粛性を実現する。

また、アクセルペダルだけで車速をコントロールできる「e-Pedal Step」を採用し、市街地だけでなく滑りやすい雪道や下り坂でも滑らかな加減速を実現するという。

>>日産 エクストレイルのスペック詳細はこちら

電動4WD「e-4ORCE」はオン・オフ両方でメリット多数

新型エクストレイルでは、前後2つの高出力モーターと左右のブレーキを統合制御することで4輪の駆動力を最適化、雪道や山道の走破性だけでなく、オンロードでも意のままの走りと安定感を実現する電動駆動4輪制御技術e-4ORCEを採用した。

e-4ORCEは、オフロードや雪道で常に最適なトラクションを確保することでスリップやスタックを回避し、スムースな発進・走行を可能にするほか、減速時には前後のモーターそれぞれで回生量を調整し車体を安定させることで、乗員の頭の前後の揺れを軽減し快適な乗り心地を提供する。

>>日産 エクストレイルのスペック詳細はこちら

先進安全装備が充実、デザインも上質を表現

360°全方向の安全を確保する全方位運転支援システム「360°セーフティーアシスト」を採用。「SOSコール」や「アダプティブLEDヘッドライトシステム」なども搭載する。また、運転支援技術「プロパイロット」はカーナビと連動し減速支援などを行うナビリンク機能を追加したほか、車庫入れをサポートする「プロパイロット パーキング」も搭載。充実の安全装備となっている。

エクステリアでは、ヘッドランプ上段にポジションランプとターンランプ、下段にメインランプを配した上下二段構造を採用し先進性を表現。初代からのイメージカラーであるレッドを、より鮮やかさと深みを持たせた「カーディナルレッド」へと変更したほか、シャンパンのような華やかさの「シェルブロンド」、タフで力強い印象の「ステルスグレー」など2トーン5種類、モノトーン7色の全12色をラインアップする。

<終わり>

>>日産 エクストレイルのスペック詳細はこちら

おすすめのニュース

サイトトップへ

関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら