サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > マーケット > パッソが好発進、群雄割拠のミニバンも熱い【ボディタイプ別売れ筋・5月】

ここから本文です

パッソが好発進、群雄割拠のミニバンも熱い【ボディタイプ別売れ筋・5月】

軽乗用車:燃費不正問題が影響 シェア1/3を割り込む

軽乗用車市場は合計8万1614台で、国内メーカー乗用車全体に占める割合は32.1%。32%台まで下がったのは2015年7月以来で、低水準で推移した。燃費不正問題で三菱自動車と日産自動車の該当する軽乗用車が生産・販売を停止しているのが響いた。

首位は「ホンダ N-BOX」。前月比2%減の1万1487台を販売し、まずまず好調だった。それに続いたのは「ダイハツ タント」。販売台数はN-BOXと204台差の1万1283台と健闘した。なおN-BOXは2015年の軽ベストセラー、タントは2014年の軽ベストセラーということで、それぞれが再び2016年の年間トップを狙っている。1-5月の累計では今のところN-BOXが3350台差でリードしているが、まだまだ逆転はあり得る。今後の動向を見守っていきたい。

3位は「スズキ アルト」。前月比は11%とやや落ち込んだが、2ヶ月連続のトップ3入り。これに4位「スズキ スペーシア」、5位「スズキ ハスラー」と続き、3-5位までをスズキ車が占めた。

2016年度最初の四半期の締めとなる6月は、新車販売が5月より伸びる傾向にある。すでに登場が明らかにされているモデルもあり、台数がどこまで増えるのか楽しみだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ