サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > マーケット > パッソが好発進、群雄割拠のミニバンも熱い【ボディタイプ別売れ筋・5月】

ここから本文です

パッソが好発進、群雄割拠のミニバンも熱い【ボディタイプ別売れ筋・5月】

ステーションワゴン:市場は低調気味だがニューモデルの予定も

ステーションワゴン市場は全体で1万0603台。市場シェアは6.1%で、1年前に比べ3.5ポイント減と冷え込んでいる。ニューモデルが登場する夏以降の盛り上がりに期待といった状況だ。

首位は3610台を販売した「トヨタ カローラフィールダー」。5月には特別仕様車を設定し、販売のテコ入れを行ったのも効いたようだ。2位は「ホンダ シャトル」。販売台数は前月比8%増の2880台とまずまず好調。3位には「スバル レヴォーグ」が入った。レヴォーグは前月比、前年比ともに110%を超える水準で推移しておりこちらも販売は堅調だ。

4位は「トヨタ プリウスα」。販売台数は前月比18%減と減少しており、順位をひとつ下げる結果となった。5位には「マツダ アテンザワゴン」が続いた。

なおステーションワゴン部門は、スバルが7月中旬に「レヴォーグ STI Sport」の発売を予定しているほか、7月末には「トヨタ アベンシス」の改良も予定されている。これらのモデルが市場でどう力を発揮するのか。今後の動向に注目していきたい。

おすすめのニュース

サイトトップへ