サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 世界初公開された日産の次世代EV「アリア」はハイテク満載、500万円オーバーのプレミアムSUVだった

ここから本文です

世界初公開された日産の次世代EV「アリア」はハイテク満載、500万円オーバーのプレミアムSUVだった

エクストレイルより少し小さい500万円超えのクロスオーバーEV

7月15日、日産が新世代EV「アリア(ARIYA)」をワールドプレミアしました。ざっと見ていきましょう。

アリアのデザインは昨年の東京モーターショーに出展された「アリア コンセプト」をほぼそのまま市販化したクロスオーバーSUVスタイルで、2021年夏、日本を皮切りに発売予定とされています。予定価格は約500万円~と、大台を超えてきました。

サイズは全長4595×全幅1850×全高1655mm。全幅をのぞくと「エクストレイル」より少し小ぶりでスリークなボディに、2775mmの長いホイールベース=広いキャビンを実現しているところが、スペース効率に優れた電気自動車らしい点です。駆動方式はFFと4WDが用意され、タイヤサイズは235/55R19か255/45R20(グレード別設定)となり、スペック的にもプレミアムな仕立てのクルマであることが見て取れます。

新世代の4WD技術「e-4ORCE」や水冷バッテリーを搭載

駆動方式はFFと、前後にモーターを搭載した4WDの「e-4ORCE(イーフォース)」が選べます。e-4ORCEは前後に搭載したモーターを個別に制御して、加速時のトラクション、ブレーキング時の沈み込み、回生効率や旋回性能を高める新技術。アリアの0-100km/hの加速性能で見ると、FFの7.5~7.6秒に対して5.1~5.4秒の俊足で、最高速度もFFの160km/hに対して4WDは200km/hとなっています。

航続距離は65kWhのバッテリーを搭載するノーマルレンジ版が450km(4WDは430km)、90kWhのロングレンジ版が610km(4WDは580km)。バッテリーは最新の水冷式が採用されているので、劣化や急速充電でもリーフより有利だと思われます。

ちなみに現行モデルの「リーフ」との比較では、ほぼ同等のバッテリー容量をもつ「eプラス」が441万1000円~となっているので約50万円高ですが、ノートのプラットフォームを改良したリーフに対して、専用設計のEVプラットフォームや新世代バッテリーが与えられるなど、あらゆる面で進化していることを考えると、それほど高くないという見方もできそうです。

スカイラインを超える高度なハンズフリー走行に期待

先進アシスト系では、ハンズオフ走行が可能なプロパイロット2.0が設定されます(グレードによる)。新たに準天頂衛星「みちびき」を使うことでGPSの精度が高めるなど、さらに高度な運転支援が期待できそう。車外からの操作で駐車できるプロパイロット リモート パーキングも設定されました。

また、コックピットは12.3インチのワイドディスプレイを2つ並べたドイツ車風の新世代デザイン。大型のフルカラーヘッドアップディスプレイも採用されました。ほかにもキーを持って近づくと前後のライトと日産のエンブレムが光って出迎えてくれたり、「ハローニッサン」と呼びかける音声認識機能が使えたり、スマホでドライブプランを立てて転送できたりと、ハイテックなアメニティも満載となっています。

果たして500万円オーバーのプレミアム・クロスオーバーEVは日本や世界の市場にどう受け止められるのでしょうか? さらにこのプラットフォームを使ったルノー製EVの登場などにも今後は注目です。

次のページ>>スペック例

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します