サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > マーケット > 新型カローラ登場がセダンとワゴン市場に影響。軽は上位モデルに動きなし【ボディタイプ別売れ筋・9月】

ここから本文です

新型カローラ登場がセダンとワゴン市場に影響。軽は上位モデルに動きなし【ボディタイプ別売れ筋・9月】

ミニバン:シエンタ絶好調で首位をキープ

ミニバン市場は計7万4244台を登録し、前月比42%増、前月より2万台以上上乗せした。市場シェアは28.1%で前月に対して0.8ポイント低下しているが、全体には高水準を保っているといえるだろう。

ランキングは、「トヨタ シエンタ」が前月比55%増の1万3558台を登録し、首位をキープした。トップ5で最も伸びが大きく、人気ぶりを印象づけた。なおシエンタは、9月は登録乗用車全体でも、日産ノートやトヨタ アクアを抜いて販売ナンバーワンの座に輝いており、定番人気モデルとしての地位を確立している。

2位には「トヨタ ヴォクシー」がランクイン。前月比48%増とこちらも大きく伸ばし、4位から順位を上げてきた。その直接のライバル「日産 セレナ」は9224台で3位と、ヴォクシーに抜かれる格好となった。4位は「ホンダ フリード」。フリードは8月末時点で10月に改良することを発表したが、台数は落ち込まず、前月比16%の伸びを見せた。

5位には前月と変わらず、「アルファード」が入った。前月比41%増と大きな伸びを見せた。

【 トヨタ シエンタのその他の情報 】
トヨタ シエンタの中古車一覧
トヨタ シエンタのカタログ情報
トヨタ シエンタの買取相場