サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > マーケット > 新型カローラ登場がセダンとワゴン市場に影響。軽は上位モデルに動きなし【ボディタイプ別売れ筋・9月】

ここから本文です

新型カローラ登場がセダンとワゴン市場に影響。軽は上位モデルに動きなし【ボディタイプ別売れ筋・9月】

軽乗用車:軽トップ5は前月と同じ顔ぶれ

軽乗用車は計15万8576台を登録し、前月比38%増、乗用車全体に占めるシェアは37.5%で前月から1.5ポイント減少した。相対的にみて9月は軽乗用車よりも、登録車の動きの方が多かったようだ。

トップ5のランキングは、前月から変化なく、全体的に台数が底上げされた格好だ。首位の「ホンダ N-BOX」は前月比56%増の2万8484台、2位「ダイハツ タント」は30%増の2万1858台で、この2台が2万台を超える驚異的な台数を達成した。

3位「日産 デイズ」は33%増の1万7841台を登録。日産車全体の販売台数の1/3をデイズが占めている計算だ。4位は「スズキ スペーシア」(前月比48%増)、5位「ダイハツ ムーヴ」(同53%増)と続いた。

なお、8月にフルモデルチェンジした「N-WGN」は、前月比7割減と大きく失速した。次月以降の巻き返しに期待したいところだ。

【 ホンダ Nボックスのその他の情報 】
ホンダ Nボックスの中古車一覧
ホンダ Nボックスのカタログ情報
ホンダ Nボックスの買取相場

おすすめのニュース

サイトトップへ