サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > マーケット > 新車販売が前年超え。アクアがノートを上回る【マーケット概況・4月】

ここから本文です

新車販売が前年超え。アクアがノートを上回る【マーケット概況・4月】

4月の新車販売、7ヶ月ぶりに前年超え

最需要期の3月が過ぎ、例年落ち込み傾向となる4月の新車販売。2018年もその例に漏れず、前月比で45%減と大きく減少した。しかし、前年の同じ時期との比較では3.2%増と拡大し、7ヶ月ぶりのプラスに。この時期としては好調な結果となった。

登録車は、乗用車(3ナンバー車/5ナンバー車)が1.2%減となったが、このマイナスを13.1%増と大幅に伸長した商用車が補い、登録車全体では0.5%のプラスを確保した。一方、軽自動車は乗用車が9.9%増と大幅に拡大。商用車も0.7%のプラスとなり、全体では7.8%増と良好な結果となった。「ホンダ N-BOX」や「スズキ スペーシア」「ダイハツ ミラ」シリーズなどが販売をけん引した。

4月は輸入車も好調で、外国メーカー乗用車は前年比4.9%増と4ヶ月ぶりにプラスを確保した。3月にフルモデルチェンジした新型「フォルクスワーゲン ポロ」の好調で、同ブランドは5ヶ月ぶりにプラスに転じ、輸入車全体の底上げにも貢献した。それでは順に詳しく見ていこう。

おすすめのニュース

サイトトップへ