サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 日産 キックスは便利でパワフルでプロパイロット装備だが価格が迷いどころ。ライバル勢との優劣も解説

ここから本文です

日産 キックスは便利でパワフルでプロパイロット装備だが価格が迷いどころ。ライバル勢との優劣も解説

プロパイロット標準装備のほぼモノグレード構成

「日産 キックス」は、海外市場では2016年から販売されているコンパクトSUV。日本では2020年6月に、シリーズハイブリッドシステム「e-POWER」を搭載するモデルが発売されました。

ボディサイズは全長4290mm×全幅1760mm×全高1610mmという手ごろな大きさですが、それでいて後席は十分に広く、運転席からの視界も良好であることが、まずはキックスの大きな特徴です。ちなみにキックスは荷室も広く、5人乗車時でも9型(直径約23cm)のゴルフバッグ3セットを積載可能です。

日本に導入されたキックスに純粋なガソリンエンジン搭載グレードはなく、パワーユニットは「e-POWER」のみです。日産が「電気自動車の新しいカタチ」と呼んだe-POWERというのは、ガソリンエンジンを搭載はしているのですが、それは駆動には使わず「発電」のみに使い、その電気でモーターを動かして車を駆動させる――という仕組みです。

キックスの場合は1.2Lの直3エンジンを発電用に搭載し、結果として129psの最高出力と260Nmの最大トルクを得ています。これは、キックスに先立って発売された「日産 ノートe-POWER」(先代モデル)より20%ほどパワフルということです。

SUVですが駆動方式はFFのみで、4WDの設定はなし。日産自慢の先進運転支援システム「プロパイロット」は全車に標準装備です。

ただ「全車に標準装備」といっても、日産 キックスは基本的にはモノグレードみたいなもの。「X」というグレードが基本で、そのほかにはXの内装をツートーンカラーにした、その名のとおりの「X ツートーンインテリアエディション」があるのみです(正確には、日産の関連会社が手がけた「AUTECH」というのもあるのですが、やや特殊なため今回は割愛します)。

XおよびX ツートーンインテリアエディションの価格は下記のとおりです。

・X|275万9900円
・X ツートーンインテリアエディション|286万9900円

日産 キックスの走りは、なかなかパワフルです。エンジンというのは特性上、大きな力を出すまでにどうしてもある程度の時間がかかるのですが、電気モーターは瞬時に最大の力を出すことができます。まぁ本当に瞬時にMAXのパワーを出してしまうと運転しづらいため、そこはいろいろと調整されていますが、とにかく電動車というのは非常に力強い加速が持ち味なのです。

そして日産 キックスも電動車のご多分にもれずダッシュ力は十分以上で、なかなか軽快な走りを楽しむことができます。それでいて、発電のため積まれているエンジンの音は比較的静かですので、先代ノートe-POWERでは感じられた「エンジン音がうるさくてウザい!」みたいな感触はありません。

舗装のいい道では乗り心地も良好ですが、より上級な車種向けではなく「低価格な車種向けの車台」を使っているため、段差などを越える際にはやや大きめの衝撃を感じてしまいます。

しかし日産 キックスは、そういったマニアックな部分ではなく「e-POWERで」「車内も荷室も広くて」「それでいて扱いやすいサイズで」という部分こそを重視している車ですので、段差を越える際のフィーリングうんぬんを過剰に気にするのはナンセンスかもしれません。「便利でパワフルで小ぶりな実用車」を求めている人には、悪くない選択肢だといえるでしょう。

ただ、パワフルなのはいいのですが、「便利で小ぶりな実用車」としてはちょっと高いと感じるかもしれません。ベースグレードを選んだとしてもオプション込みの総額では320万円ほどになりますので、いくらプロパイロットが表重装備とはいえ、ちょっと悩んでしまう金額です。

まぁこのあたりは各自の価値観やお財布事情に基づき、自分にとっての「e-POWER」や「プロパイロット」の価値を見極めるしかありません。

次のページ>>ヤリスクロスを筆頭に強敵が多いがe-POWERと後席荷室の広さは魅力

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します