サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > ホンダ シャトルマイチェン 絶滅危惧種の5ナンバーワゴンは堅調に売れています

ここから本文です

ホンダ シャトルマイチェン 絶滅危惧種の5ナンバーワゴンは堅調に売れています

ホンダは5月10日、5ナンバーサイズのコンパクトステーションワゴン「シャトル」のマイナーチェンジモデルを発売しました。今回の変更は内外装が中心となっています。

外装では、前後バンパーのデザインとフォグランプの形状が変更され、特にリアはテールゲートとリアコンビネーションランプのデザインを一新したことでスッキリとした印象となりました。また、アウタードアハンドル、前後バンパーまわり、サイドシルモールなどにクロームメッキパーツを配し、上質感を向上させました。

内装では、インパネなどにピアノブラックパネルを採用。シートはデザインを一新し、新たに本革シートを設定するなど、高級感をアップさせています。ほかには、リアセンターアームレストにカップホルダーを追加しています。

安全装備としては、「ホンダ センシング」に「オートハイビーム(LEDヘッドライト装着タイプ)」を追加。これにより「サポカーSワイド」該当車となりました。

数少なくなってしまった5ナンバーサイズのステーションワゴンでありながら、ハイブリッド&DCTという特徴的なパワートレーンを持つモデルを設定し、ホンダらしさ高めなシャトルでありますが、昨年の販売実績は2万7573台で、月平均にすると2300台と堅調に売れているモデルなのであります。ベースとなるフィットの新型が間もなく出るという噂がありますが、その人気から国内で使いやすい5ナンバーワゴンとして継続される可能性は高そうですね。


次のページ>>スペック

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します