サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 三菱「eKクロス EV」発表。補助金込みの購入額は185万円~、東京都では軽ガソリン車並みの価格感に!

ここから本文です

三菱「eKクロス EV」発表。補助金込みの購入額は185万円~、東京都では軽ガソリン車並みの価格感に!

>>三菱 eKクロス EVのカタログ情報をチェックする

ベーシックなGグレードと上級仕様のPグレード

5月20日、いよいよ軽自動車版EVの「三菱 eKクロス EV」が発表されました。ネーミングからも想像できるように、軽スーパーハイトワゴン「eKクロス」シリーズの一員としてラインアップされる電気自動車で、グレードは2種類となります。

●Gグレード・・・239万8000円(184万8000円)
7インチカラー液晶メーター、アクセルペダルで減速をコントロールできるイノベーティブペダル(停止はブレーキペダル操作が必要)を装備。

●Pグレード・・・293万2600円(238万2600円)
Gグレードの装備に加えて9インチのスマホ連携ナビやSOSコールを装備した上級仕様。

※()内は国の2022年度クリーンエネルギー補助金を適用した場合の金額

国の補助金は55万円なので価格はGグレードで約185万円~。例えば東京都の場合、これに2022年度のZEV補助金(45万円)が加われば実質約140万円~となるなど、自治体によっては一般的な軽ガソリンモデルと変わらない価格感になりそうです。

>>三菱 eKクロス EVのカタログ情報をチェックする

内外装はガソリンモデルがベースに

第一印象はガソリンモデルの「eK クロス」とあまり変わらず、フロント周りではグリルのメッキがダーク調に、フォグランプがLEDになった程度。ボディ色が2トーンの仕様では、ルーフに電線素材を意識した銅色(カッパー)を組み合わせて差別化しています。

また、インテリアではドライブセレクターのデザインや、7インチのカラー液晶を使ったメーターが差別化ポイントとなります。駆動バッテリーを薄型化したことで、クラストップの膝周り空間(後席)や、肩周り空間(前席)、荷室容量を実現したとのこと。

>>三菱 eKクロス EVのカタログ情報をチェックする

航続距離はWLTCモードで180km、給電機器にも対応

注目のEV航続距離はWLTCモードで180km、バッテリーの容量は20kWhで、エアコン冷媒を用いた冷却システムを備えています。リアルシーンでの走行距離が7割程度と仮定すると、航続距離は約130kmといったところでしょうか。

充電時間は200Vの普通充電で満充電まで約8時間、急速充電は約40分で80%。また、V2LやV2H機器に繋げば、家電や自宅に電力を供給することも可能です。

レーンキープ付きACCのマイパイロットはオプション

走りでは、軽ターボモデルの3倍近い195Nmという最大トルクを活かしたEVらしい走りに期待がかかります。ドライブモードはノーマル/エコ/スポーツが選べるほか、前述したイノベーティブペダルオペレーションモードによって、停止以外ではブレーキペダルをほぼ使わない2ペダルドライブができます。

また、先進装備は高速道路の同一車線でACCとレーンキープ機能を組み合わせた「マイパイロット」がP、Gグレードともにメーカーオプション設定。三菱初となる、駐車可能位置を自動で検知して後退・前進・縦列駐車をサポートする「マイパイロット パーキング」もPグレードにオプション設定されます。

同じく本日発表の、eKクロス EVと共同開発された日産「SAKURA(サクラ)」はもちろんのこと、ホンダやトヨタも軽EV開発をアナウンスするなど、軽自動車EVへの注目が一気に高まりそうです!

>>三菱 eKクロス EVのカタログ情報をチェックする

>>日産 サクラのカタログ情報をチェックする

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します