サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 新型Eクラス海外試乗。半自動運転の新たなフェーズが始まる

ここから本文です

新型Eクラス海外試乗。半自動運転の新たなフェーズが始まる

最も驚いたスマホで駐車する新機能の日本導入は?

スムーズな9速トランスミッション、プラグインハイブリッドモデル、84個のLEDを制御するマルチビームLED、側方衝突時に乗員をクルマ内側に移動させてエアバックを展開させるPRE-SAFE インパルス サイド、衝突時の衝撃音による耳への加害性を軽減するPRE-SAFE サウンドなど、触れたい要素はまだまだある。

何はともあれ、Cクラスとどこが違うのか、初対面では新鮮な感覚を抱けなかった最初の印象と打って変わり、新型Eクラスの革新性や世界観は驚きに満ちたものとなった。日本への導入時期やグレード展開などはまだ不確定だが、夏ごろに新型直4ディーゼルエンジンを搭載するE200dや、直列4気筒直噴ターボエンジンを積んだE200が導入され、生産と供給が安定したころからプラグインハイブリッド車などの次なる展開が明らかになるのではないだろうか。

最後に、日本の携帯電話との連携の観点から導入が難しいとされる「リモート・パーキング・パイロット」だが、ハード面での壁を打ち破り1日も早く日本市場に導入されることを切望する。車外からスマホを操って駐車できるこの機能は、個人的には近年最も驚いたアイテム。「運転する」から「操作する」への意識改革が起きる未来には、様々な可能性が広がっているはずだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します