サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > スマートがフェイスリフト&EV実証テスト開始

ここから本文です

スマートがフェイスリフト&EV実証テスト開始

10月12日(火)朝、オープン前の表参道ヒルズのアーケードを新型スマートが音もなく走りぬけた。「smart surprise!」と銘打たれた新型スマートの発表イベントで、「mhd(マイクロハイブリッド)」のフェイスリフトとともに、電気自動車の「ed(エレクトリックドライブ)」が披露されたのだ。常に一歩先行くシティコミューターの“今”と“これから”をご紹介していこう。

■スマート「ed」、日本上陸!

スマートの電気自動車「スマート フォーツー electric drive(以下スマートed)」が、2012年以降の市販化に向けた実証テストを開始する。2009年12月にドイツで始まり、すでに全世界1500台もの規模に拡大しているスマートの実証テスト。日本ではまずは3台、2011年以降には10台以上に増やして、しかも一般ユーザーも参加できる形で進めていくという(詳細は10月末に発表)。ちなみに欧州メーカーが電気自動車の実証テストを日本で行うのはこれが初めてだ。

スマートedでは、リアに駆動用モーター(41ps/120Nm)、床下にテスラ社製のリチウムイオンバッテリー(16.5kWh)が搭載される。開発当初から「ed」を想定していたため、全長2.72mという超小型ボディや室内の広さ、安全装備などはガソリンエンジンモデルとなんら変わらない。見た目上の違いは、エグゾーストパイプが付かないことだけだ。

充電は給油口に設けられたコンセントから行い、200Vでは満タンまで約8時間、20-80%充電は約3.5時間となっていて、急速充電器には対応していない。航続距離は135km、最高速は100km/h。シティコミューターとしては十二分なパフォーマンス性能が与えられている。

【 スマート フォーツー electric drive 主な性能 】

モーター最高出力/最大トルク=41ps/120Nm
最高速=100km/h
0~60km/h加速=6.5秒
航続距離=135km(NEDC:ヨーロッパ測定値)
バッテリー=テスラ社製リチウムイオンバッテリー(16.5kWh)
充電時間=8時間(200V)、16時間(100V)

■スマート「mhd」、燃費改善&フェイスリフト

「スマート フォーツー mhd」は、2008年12月から全車にアイドリングストップを搭載。今回さらにECUの改良などにより、燃費を従来までの23.0km/Lから23.5km/Lへと向上させ、CO2排出量を輸入車ではじめて100g/kmを切る99g/kmにまで減少させている。

外装は、フロントバンパー・サイドシル・リアスカートや給油フラップがボディ同色に変更されたほか、新デザインの15インチアルミホイール(カブリオに標準、クーペはオプション)を採用。ボディカラーには、新色のライトブルーメタリックとマットライトグリーンのフレッシュな2色を追加した。内装では、センターコンソールやエアアウトレット、メーターパネルなどが新デザインとなった。

また保障期間の距離制限が廃止されたのもトピック。これまで初度登録から3年もしくは走行距離4万kmだった保証範囲が、初度登録から3年走行距離無制限へと拡大した。価格は「フォーツー クーペ mhd」が184万円、「フォーツー カブリオ mhd」が213万円。

おすすめのニュース

サイトトップへ

関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら