サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > ダイハツ「ムーヴ キャンバス」の魅力は愛らしいビジュアル

ここから本文です

ダイハツ「ムーヴ キャンバス」の魅力は愛らしいビジュアル

ムーヴに近い全高ながら両側スライドドアを装備

carview!ではさまざまなモデルの情報が掲載されていますが、マーケットで人気があるにもかかわらず、なぜか情報の掲載が少なかったモデルもありました。今回はそんなモデルのひとつである、ダイハツ「ムーヴ キャンバス」をピックアップします。

2016年9月発売のムーヴ キャンバスは、「“ポスト ロスジェネ”と呼ばれる30代から40代の女性と、その親に向けて開発した」という、やや背高な軽ワゴン。車名は帆布を意味する「CANVAS」に由来していますが、英字表記はCANBUS。「CAN=なんでもできる」+「BUS=ミニバスのようなデザイン性」を表しているとのことです。

車台は同じダイハツのスーパーハイトワゴンである「タント」がベースですが、タントの全高が1750mmとかなり高めであるのに対し、ムーヴ キャンバスの全高は、一般的なトールワゴンであるダイハツ ムーヴより25mm高いだけの1655mm。つまり極端に背が高くはないのですが、極端に背が高い軽自動車と同様の「両側スライドドアを装備している」というのが、まずはムーヴ キャンバスの特徴のひとつです。

そして後席のシート下に「置きラクボックス」なる引き出しが装備されているのも、ムーヴ キャンバスのチャームポイント。両側スライドドアと置きラクボックスを組み合わせた「置きラクレイアウト」により、荷物を積んでから運転席に乗り込むまでの動作が最小限に抑えられているのです。

置きラクボックスは、通常は深さ30mmのトレー状になっていますが、ユーティリティボックスを引き上げて「バスケットモード」にすれば、ボックスの深さは130mmとなり、ワインなどの倒れやすい荷物も安心して置くことができます。

この「置きラクレイアウト」はムーヴ キャンバスのかなり魅力的なポイントですが、それと同様に、いや、もしかしたらそれ以上に魅力的なのは「デザイン」なのかもしれません。

次のページ>>ターボの設定はないが近場中心ならほぼ不満なし

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します