サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 新型 レクサスIS 登場。ハイブリッドも設定

ここから本文です

新型 レクサスIS 登場。ハイブリッドも設定

■ハイブリッドモデルもラインナップ

5月16日、レクサスは新型ISをフルモデルチェンジした。新型ISは「真の走る楽しさの体現」をキーワードに、気持ち良い走りとスポーティなデザインを追求。また、従来グレードのIS350、IS250に加え、新たに2.5L直4アトキンソンサイクルエンジンとモーターを組み合わせたハイブリッドモデルのIS300hがラインナップされた。価格はIS250(420万円)~IS350 Fスポーツ(595万円)。

■進化するL-フィネスとスピンドルグリル

エクステリアデザインは「スピンドルグリル」を中心に、強い印象を演出するアグレッシブな表現に進化。アロー型のLEDクリアランスランプや、新デザインのLEDヘッドランプ、L字をモチーフにしたリアコンビランプなども特徴的だ。

キャラクターラインはプレス界の限界に挑んだ、シャープで彫刻的なエッジを追求。レクサスのデザインフィロソフィーのL-フィネスが持つ品格と、Cd値0.26(IS300h)の空力性能を両立している。

■新感覚の操作性を盛り込んだインテリア

水平基調デザインのインテリアは、様々な面で運転し易さを追求しながら、スポーティなコクピット作りを目指している。キャビン空間は先代に比べて後席膝前スペースが+85mm(170mm)、前後席間距離が+40mm(920mm)拡大。荷室スペースはガソリン車で102L拡大した480L、ハイブリッド車でも72L拡大した450Lを確保した。

デザインでは、LFAのモチーフを盛り込んだステアリングや、感触にこだわったシフトレバー、多彩なディスプレイモードを備えるメーター、マウス感覚でエアコンなどが操作できるリモートタッチ、指先で触れてスライドするだけで操作可能な静電気温度調整スイッチなどがトピックだ。

■ニュルや富士で走りを熟成

基本となるボディは、ボディの面を接着して歪みやたわみを最小限に抑える最新技術が投入された。

ニュルブルクリンクや富士スピードウェイでチューニングを重ねた走りも自慢。ステアリングギアボックスの構造などを見直し、スタビライザー剛性を高めてフロントのロール剛性を高めたほか、トランスミッションにはIS Fに投入された8-Speed SPDSを採用。

また、Fスポーツは大開口のバンパーやグリルが専用となるほか、インテリアも可動式メーターや専用スポーツシートなどのアイテムを装備。サスペンションやEPSにも専用チューニングが与えられている。

※写真は1~19がIS350 Fスポーツ、20~37がIS250 Fスポーツ、38~41がIS300h バージョンL

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します