サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > 高齢者のペダル踏み間違え事故はクルマにも原因がある。左ハンドル推奨論も間違っている

ここから本文です

高齢者のペダル踏み間違え事故はクルマにも原因がある。左ハンドル推奨論も間違っている

高齢者のペダル踏み間違え事故はクルマにも原因がある。左ハンドル推奨論も間違っている

写真:baona

右ハンドルのコンパクトカーはペダル配置が不自然

ペダル踏み間違えが頻繁に起きるのは圧倒的に駐車場だ。コンビニに突っ込んだり、コインパーキングではクルマが急に飛び出す事故やヒヤリ&ハットが多い。バックで駐車するときは身体をねじってペダルを操作するため、足の位置がずれやすいのだ。

ITARDAレポートでは特に右へ振り向いてバックするとき、右足が右方向にねじられることが報告されている。高齢者の場合は身体が硬くなっているのでねじられる度合いも大きく、ブレーキを踏むべきときに右側のアクセルを踏んでしまうわけだ。

実は、プロのドライバーでも安心してブレーキペダルを踏めないクルマが少なくない。右ハンドルのコンパクトカーはスペースの制約から、フロントタイヤのホイールハウスがキャビン側に侵入しているので、(一番右側の)アクセルペダルが左にオフセットしているクルマが多く、特に軽自動車は典型的だ。アクセルペダルが左にオフセットすると、その影響で隣のブレーキペダルは身体の中心よりも左にオフセットしてしまう。ドライバーは“左にオフセットしたブレーキペダルを右足で踏む”という不自然な操作を強いられることになる。

ペダル配置の良し悪しは簡単にチェックできる。自分のオヘソの真下よりも右にブレーキペダルがあるのが、正しいペダル配置のクルマだ。あなたのクルマはどうだろうか?

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します