サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > スクープ > 最強モデル「ゴルフ R」に便利なヴァリアントが追加される! やや重いボディはハッチバックに対して明確なハンディとなるのか?

ここから本文です

最強モデル「ゴルフ R」に便利なヴァリアントが追加される! やや重いボディはハッチバックに対して明確なハンディとなるのか?

ワゴンモデルにも最強のRモデルが加わった

2019年からドイツで発売が開始された現行型「ゴルフ8」は2020年から21年にかけてバリエーションが続々と追加され、スポーツモデルは「GTI」(245馬力)、「GTIクラブスポーツ」(300馬力)、「R」(320馬力)の3種、ボディ形状はハッチバックに加えてヴァリアント(ワゴン)が加わった。そして今回、最強のRとヴァリアントを組み合わせたスポーツワゴン「ゴルフ R ヴァリアント」が誕生した。

シンボルカラーのダークブルー(正確にはラピスブルー)に塗られたゴルフ R ヴァリアントはBピラーから後方のルーフを延長したワゴンボディで、全長4.64×全幅1.79×全高1.47m、ホイールベースは2.68mとハッチバックより約35cm長い。その結果、トランクルームは通常で611L、リアシートのバックレストを倒せば1642Lのカーゴルームが誕生する。重量は1630kgでハッチバックよりも76kg重い。

外観はハッチバックに準じて、Rバッジや、ピアノブラックフレームをもった左右の大口径エアインテークやサイドシル、クローム仕様のドアミラー、ルーフエンドの大型スポイラー、リアの4本出しマフラーカッターなどで差別化される。

>>新型ゴルフにホットハッチのGTIとディーゼルモデルが追加。お買い得グレードや必須オプションも解説

4WDシステムはトルクベクトリング機能を装備

テスト車に装着されていたのはオプションのアクラポビッチ製チタンエグゾーストシステムでスロットルオフではフラップによってバラバラバラとファミリーワゴンにしては威勢の良い音が響く。さらにシャシーはオプションのパフォーマンスパッケージで2cmローダウンされ、タイヤは235/35R19のハンコック製スポーツタイヤが装着されていた。

搭載されるエンジンはハッチバックのRと同一の2リッター4気筒直噴ターボ(開発コードはEA888 evo4)で、最高出力は320馬力、最大トルクは420Nmを発生。7速DSGと、リアアクスルにマウントされた新採用の多板クラッチを介して後輪も駆動する。

これまで同様に4モーションと名付けられているが、この新しい4WDシステムはトルクベクトリング機能も備えている。カタログ上のダイナミック性能は0-100km/hが4.9秒、最高速度が250km/hだが、この試乗車のようにオプションのパフォーマンスパッケージを購入すると270km/hに引き上げられる。

スポーツモードでも快適な乗り心地

スタートボタンを押す。4気筒スポーツエンジンの滑らかな回転と、やや乾いた金属的なエグゾーストサウンドを耳で確認しながらドライブセレクトを操作する。「コンフォート」「スポーツ」「レース」「インデュビジュアル」と見慣れたモードに加え、ヴァリアントにもR独自の「スペシャル」と「ドリフト」があることに気が付く(※パフォーマンスパッケージ装着車両)。

「スペシャル」はニュルブルクリンクのスポーツ走行向けにセットしたダンパーをやや軟らかめにチューニングしたもの、「ドリフト」は文字通りクローズドサーキットでのドリフト走行を想定している。まずコンフォートでスタート。7速DSGは乗るたびに快適性の向上が感じられ、このモデルはどんな状況でもバックラッシュは皆無、ごくスムーズにシフト操作を行う。

こうして一般道路での乗り心地の快適さを味わった直後に「スポーツ」を選択する。このモードでも家族からクレームが付くほど固くはならない。

興味深いことにVWはゴルフ R ヴァリアントの試乗プログラムにサーキットのスポーツ走行を組み込んだ。そこで改めてVWが導入しているシャシー統合制御(VDM:ビークル・ダイナミック・マネージャー)の効果を確認させるためだ。

まず、セダンと比べて76kgプラスの重量差や空力のハンディはほとんど感じることはなかった。Rパフォーマンストルクベクトリングによってコーナーからの立ち上がりから力強い加速力を感じ、その際のグリップが低下することもないので安心してスロットルペダルを踏み込んでゆくことができる。また前述のシャシー統合制御(VDM:ビークルダイナミクスマネージャー)によって作動は遅れなく瞬時に行われるのが印象的であった。

ベースモデルで約680万円、オプションを加えると約790万円

もちろんスタンダードゴルフに採用されているADAS(先進運転支援システム)や最新のインフォテイメント・MIB3が採用され、利便性の高いワゴンボディと共にまさにマルチパーパスの真骨頂を味わうことができる。

ドイツでの価格はベースモデルで5万1585ユーロ(約680万円)、テスト車に搭載されたオプションを加えると6万ユーロ(約790万円)に限りなく近くなってしまう。通勤、買い物、スポーツドライブと一台三役のマルチワゴンだが、日本での導入時期や価格は現時点では発表されていない。

>>次のページ:スペック

>>フォルクスワーゲン ゴルフ ヴァリアントのおすすめグレードとユーザーの評価を見てみる

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します