サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > アウディA4試乗。FFかクワトロか、導き出された答えにあのモデルの存在

ここから本文です

アウディA4試乗。FFかクワトロか、導き出された答えにあのモデルの存在

速くて軽くてお財布にやさしい

A4アバント 1.4TFSIに搭載されるのは、同じVWグループのパサートが搭載するのと同じエンジンで、最高出力150ps/5000-6000rpm、最大トルク25.5kgm/1500-3500rpmを発揮する。トランスミッションもパサートと同じ7速デュアルクラッチ。アウディの呼称だとSトロニック、VWだとDSGだ。このパワートレーンで1490kgの車重を動かすのだが、これが全域で十分以上のパワーを感じさせ、いかなる状況でも満足することができた。2.0TFSIを搭載したFWDモデルよりも90kg、同クワトロモデルよりも140kg軽いことが大きくプラスに働いているのだろう。

近頃のよくできたターボエンジンらしく、わずか1500rpmで最大トルクに達するため、踏めばどの速度域からでも即座に望む加速力が得られるので走らせやすい。だからといって、ディーゼルエンジンのようにすぐに頭打ちになるのではなく、5000-6000rpmという“点”ではなく“ゾーン”で最高出力を維持するので、加速は伸びやかだ。暴力的に速いのではなく、気持ちよく、胸がすくように速い。高速道路の合流で加速した後、「公道を走らせるならこれくらいで十分だと思うんだ」と話せば、ちょうど知的に見えるくらいの加速力だ。

タイヤのグリップ力の範囲内で走らせる限り、FWDモデルでもなんの不満もない。正確で挙動を予想しやすい素直なハンドリングに終始する。クワトロは鋭い加速をするためだけではなく、緊急時の保険というか安全マージンとしても機能するので、決して否定するものではなく尊敬に値するが、裏を返せば日常的にその恩恵を感じられるものでもない。FWDはシステムがシンプルで軽くでき、機械的フリクションも少ないので燃費面で有利だ。そしてこれが大事だが、価格的にお得だ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します