サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 7人乗れるハイブリッドステーションワゴン「プリウスα」をあらためてチェックしてみた

ここから本文です

7人乗れるハイブリッドステーションワゴン「プリウスα」をあらためてチェックしてみた

先代プリウスがベースでボディはひと回り大きい

carview!ではさまざまなモデルの情報が掲載されていますが、マーケットでけっこう人気があるにもかかわらず、なぜか情報の掲載が少なかったモデルもありました。今回は、そんなモデルのひとつであるトヨタ「プリウスα」をピックアップしたいと思います。

2011年5月に発売されたプリウスαは、先代(3代目)「プリウス」をベースとするハイブリッドのステーションワゴン。“7人乗りプリウス”とでも呼ぶべきニュアンスの車です。

プリウスα「S」グレードのボディサイズを見ると、全長4630(4480)mm/全幅1775(1745)mm/全高1575(1490)mm、ホイールベースは2780(2700)mm(※カッコ内は先代プリウス「S」のボディサイズ)とプリウスよりひと回り拡大され、「3列シート7人乗り仕様」と「2列シート5人乗り仕様」の2パターンをラインナップしています。ハイブリッドシステムは3代目プリウスと同じ1.8Lエンジン+モーターで、JC08モード燃費は26.2km/Lです。

2014年11月にはマイナーチェンジが実施され、内外装を少々変更するとともに、安全性を高める先進安全運転支援システムを上級グレードにオプション設定。さらに2017年11月にも一部改良が行われ、このタイミングでトヨタの先進安全運転支援システムのハイグレード版の呼称となった「トヨタセーフティセンスP」が上級グレードだけでなく全グレードに標準装備されました。

“7人乗れるハイブリッド車”という意味でのライバルは、トヨタ「アルファード」や「ヴォクシー」、日産「セレナ」などといったミニバン勢と、ホンダ「CR-V」や日産「エクストレイル」などのSUV、あるいはトヨタ「シエンタ」やホンダ「フリード」などのコンパクトミニバン勢が挙げられます。

しかし大柄なミニバンやSUVは、プリウスαとは使い勝手も価格帯も異なりますので、実際にはシエンタやフリードなどのコンパクトミニバンが、7人乗り仕様のプリウスαのライバルとしては近い、ということになるでしょう。

次のページ>>モデル末期なので値引きは期待できるかも

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します