サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > 安全運転にこだわるのは自分可愛さゆえ。加害者にならないための思考法とは?

ここから本文です

安全運転にこだわるのは自分可愛さゆえ。加害者にならないための思考法とは?

安全運転にこだわるのは自分可愛さゆえ。加害者にならないための思考法とは?

イラスト:いらすとや

ほんの一瞬の気の緩みが命取りになることもある

もしもそうなった場合には、これまで自分が行ってきたすべての努力みたいなものは一瞬で水泡に帰してしまう。言いたいことはたくさんあるが、残念ながら自分の言い分はいっさい聞き入れてもらえないはずだ。

「あのね、おまわりさん。わたしは若い頃は確かに無茶な運転をしてましたが、30歳以降は心を入れ替えて、真人間というか真ドライバーになりました。今やゴールド免許ですよ。ほら見てください、この金色。

信号機のない横断歩道を渡ろうとしてる歩行者を見つけたときは、必ず止まってます。仮に後ろからきた車に追突されたとしても止まりますよ。それがわたしの心意気であり、自動車メディア人としての挟持です。ど根性です。

あ、申し遅れましたがわたくしこういう者で(スマホの画面を見せながら)、こういった交通安全に関する原稿をメジャーな媒体でちょくちょく書いてます。書いてるだけじゃなく一時停止では絶っっ対にちゃんと止まりますし、『流れに乗る』以上のスピード違反も近年はしていません。

……そんなわたしがですよ? 1万回のうち9999回はマジメきわまりない慎重運転を繰り返しているわたしがですよ? たまたま今日、ちょっとだけボーッとしていた。そしてそんなときにたまたま、あのスマホ+イヤホンのクソガキがいきなり飛び出してきたわけですよ。で、避けられなかった、と。

それでわたしを罰するのって、ちょっとおかしくないですか? や、おかしいかどうかはさておき、ちょっとは大目に見てしかるべきじゃないですか? これまでの努力を尊重する意味でも……」

このような演説を所轄の巡査氏に行った場合、巡査氏は下記のように対応してくれるだろうか?

「なるほど、それはおっしゃるとおりかもしれませんね。じゃ、今回はなかったことにしますので、以後気をつけてくださいね。あと、あの死んじゃった高校生ですが、ウチのほうで生き返らせときますのでご心配なく。じゃ、安全運転でお帰りください(敬礼)」

……あるはずがない。実際は、たぶんこうだ。

「はいはい、なるほどそうですか。じゃ、ココに両手出してください。手錠はめますね(ガチャン)。はい○月×日△時□分、過失運転致死傷であなたを逮捕しましたからね」

それまでに何千回、横断歩道手前で停止していようが、何万回、住宅街での一時停止を完全遵守していようが、ドライバーの運命というのは「ほんの一瞬」で暗転する可能性があるのだ。

それが嫌だから、自分は日々安全運転に徹している。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します