サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 新型ルーミー×モデリスタ流カスタム『LUXURY BRIGHT STYLE』を紹介

ここから本文です

新型ルーミー×モデリスタ流カスタム『LUXURY BRIGHT STYLE』を紹介

トヨタモデリスタインターナショナルが、新型コンパクトトールワゴンの「ルーミー/タンク」向けに、それぞれのカスタマイズアイテムを発売している。

コンセプトは、ルーミーが『LUXURY BRIGHT STYLE(ラグジュアリー ブライト スタイル)』、タンクが『CYBER SOLID STYLE(サイバー ソリッド スタイル)』。メッキ加飾やLEDランプといったお得意のアイテムに加え、遊びの幅を広げるユーティリティアイテムも豊富に用意した。

ここではルーミーの『LUXURY BRIGHT STYLE』をメインに、その専属コンパニオンであるモデリスタ・ミューズの沢 茉莉江さん(さわ まりえ)とともにご紹介していこう。

ワンランク上のスタイルを狙った『LUXURY BRIGHT STYLE』

「スズキ ソリオ」の対抗馬として、ダイハツ・トヨタ・スバル連合から発売された「トール/ルーミー/タンク/ジャスティ」の4兄弟。その中でもルーミーは、クローム調の大型グリルを採用した押し出しの強いフロントマスクが特徴になる。

モデリスタの『LUXURY BRIGHT STYLE』は、そんな標準モデルの特徴をさらに際立たせつつ、上質感や高級感を付与したドレスアップを狙った。

まずモデリスタ・エアロキット(フロントスポイラー&サイドスカート&リアスカート)では、センターにメッキ加飾を配し、サイドのブラックアウト部にLEDイルミネーションを内蔵したフロントスポイラーが、代わり映え感を大きく演出している。

さらにクールシャインキット(ロアグリル・バックドアガーニッシュ)とサイドドアガーニッシュをまとうことで、ボディ全周にわたって上質感をプラス。また、切削&ダークグレー塗装仕上げの15インチアルミホイールやマフラーカッターを装着して、グッと引き締まった印象を与えている。

インテリアでは、インパネ下部のパネルに「ウッド調(写真)」「ブラックウッド調」「ピアノブラック調」の3種類を設定したほか、センターのエアコンルーバー周りに金属調パネルを奢った。また、バックドアインナーやフットライトなど各所のLEDランプや、サイクルホルダーや釣りのロッドホルダーも用意して、見映えの良さとともに使えるインテリアを提案している。

■“素のルーミー”はこちらからチェック!

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します