サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 国内ジャストサイズのSUV、フォルクスワーゲン「Tクロス」に乗って感じたあれこれ

ここから本文です

国内ジャストサイズのSUV、フォルクスワーゲン「Tクロス」に乗って感じたあれこれ

目前にするとボディサイズ以上に感じるボリューム感

編集がフォルクスワーゲンのSUV「Tクロス」に乗りました。昨年11月に発表され、1月28日に発売開始。予約受注は2ヶ月で1800台あったそうです。グレードは2つで「TSI 1st(ファースト)」が299万9000円、「TSI 1st Plus(ファーストプラス)」が335万9000円となっています。

フォルクスワーゲンの最小SUVというTクロス。全長4115mm×全幅1760mm×全高1580mmというサイズは国内の道路環境で持て余すことはなさそうです。

ベースとなっているのは「ポロ」で、そのボディサイズは全長4060mm×全幅1750mm×全高1450mm(TSI ハイライン)と、全高こそSUVであるTクロスのほうが高さがありますが、ポロとおおよそ同じくらいのはずなのに、目前のTクロスは大きさを感じます。SUVらしい大型グリルやフォグランプなどがボリューム感を高めていて、ポロを普通のハンバーガーだとすると、Tクロスはダブルチーズバーガーといったところでしょうか?(謎)。

1.0L 3気筒&7速DSGでFFのみ

フォルクスワーゲンらしい重厚感のあるドアをガチャリと開き、運転席に座ります。インパネの構成はポロに準じているものの、全体的に位置が高め。普段シートの高さを一番低くする編集も少し上げるくらいがちょうどよい感じです。目線はSUV的な高さを感じるかと思いきや、思いのほか乗用車的ですが、視界は良好で見にくく感じるようなことはありませんでした。

エンジンは1.0L 直列3気筒DOHCターボで、最高出力は116ps、最大トルクは200Nm。ポロは同エンジンながら同95ps、同175Nm(TSI ハイライン)とTクロスはややパワーアップされていますが、車重が110kgプラスされているので、そこで相殺されているといったところでしょうか。トランスミッションは7速のDSGで駆動方式はFFのみの設定です。

次のページ>>高速に乗ると水を得た魚のように本領発揮

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します