現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > クルマの運転が苦手な女性はなぜ多いのか? 女性視点から考えてみた

ここから本文です
コラム 2019.2.7 レポート:伊藤 梓

クルマの運転が苦手な女性はなぜ多いのか? 女性視点から考えてみた

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
クルマの運転が苦手な女性はなぜ多いのか? 女性視点から考えてみた
  • クルマの運転が苦手な女性はなぜ多いのか? 女性視点から考えてみた
  • クルマの運転が苦手な女性はなぜ多いのか? 女性視点から考えてみた

写真:kokouu

クルマに興味がある女性が少ないことが根本的な原因

「伊藤さんを隣に乗せるの、緊張します……」

先日、友人とクルマで出かけたときに言われた言葉だ。最初は「え、何で?」と思ったが、私が自動車メディアの仕事をしているので、運転が上手いと思われているのだろうということはすぐに気がついた。

たしかに、この業界に入ってからは、クルマに乗らない日はないと言っていいほど日々クルマに触れているし、多少なりとも運転の腕は上達したと思っている。しかし、以前はお世辞にも運転が上手いとは言えなかった。運転が苦手だという女性は多いが、自分のことを振り返ってみても、それは些細なきっかけで変えられるものだと思う。

女性が自分で運転を苦手だと思ったり、まわりから見て危ないと思われるのは、「注意力不足」が一番大きい。以前、「駐車場内でのスピードちょっと速いよ」と注意されたことがあった。そのときにはさして重要な問題と思っていなかったが、今思えばクルマの陰から突然何かが飛び出してきたら急ブレーキでもきちんと止まれたか定かではない。お店などから車道に出るときに、相手に急にブレーキを踏ませるようなタイミングで出てしまうのも女性に多い気がする。また、私の親族や友人の運転を見ていると、アクセルやブレーキの扱いが丁寧とは言えず、ブオンと発車してガクンと止まる。もちろん男性にもこういう人はいるが「無意識でやってしまっている」のは女性に多いと思う。

女性は掃除や炊事など家事が得意な人は多いし、細かいことに気がつく能力はあるのに、なぜクルマの運転を苦手とする人が多いのだろう。私的な考えだが、クルマに興味がある女性が少ないことが根本的な原因だと思う。クルマの基本的な仕組みを知らないし、興味がないので「危ないだろう」「これはやってはいけない」と想像する予備知識が男性より少ない(もしくはまったくない)のではないだろうか。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します