現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > 人に寄り添うロボットという、ホンダがCESで見せた技術の可能性

ここから本文です
コラム 2018.2.12 レポート:島下 泰久 / 写真:本田技研工業株式会社

人に寄り添うロボットという、ホンダがCESで見せた技術の可能性

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
人に寄り添うロボットという、ホンダがCESで見せた技術の可能性
  • 人に寄り添うロボットという、ホンダがCESで見せた技術の可能性
  • 人に寄り添うロボットという、ホンダがCESで見せた技術の可能性
  • 人に寄り添うロボットという、ホンダがCESで見せた技術の可能性
  • 人に寄り添うロボットという、ホンダがCESで見せた技術の可能性
  • 人に寄り添うロボットという、ホンダがCESで見せた技術の可能性
  • 人に寄り添うロボットという、ホンダがCESで見せた技術の可能性
  • 人に寄り添うロボットという、ホンダがCESで見せた技術の可能性
  • 人に寄り添うロボットという、ホンダがCESで見せた技術の可能性
  • 人に寄り添うロボットという、ホンダがCESで見せた技術の可能性
  • 人に寄り添うロボットという、ホンダがCESで見せた技術の可能性
  • 人に寄り添うロボットという、ホンダがCESで見せた技術の可能性

(左から)3E-A18, 3E-D18, 3E-C18

CESに相応しくホンダらしい4種のロボット

年頭にラスベガスにて開催されるCES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)への自動車メーカーの参加も、そろそろ違和感が無くなってきた。今年の顔ぶれを見ると、真っ先に飛びついて自動運転技術などのアピールを畳み掛けていたアウディが、すでに出ていなかったりもするのだが、地に足をつけて今年も出展していたメーカー各社が見せたものは、いずれも通常のモーターショーでの展示とは違った、そしてCESというイベントの色合いにぴったりのものになっていたと感じることができた。

その中でも、個人的にもっとも目をひいたのがホンダである。今回の出展の目玉はロボティクス。人と連携し、人の可能性を広げるというコンセプトの下で生まれた4種類のロボットが発表されたのだが、本音を言うと事前にその情報を耳にした時には、電動化や知能化どころかクルマですら無い内容に、肩透かしというか期待はずれというか、そんな思いも抱いていた。しかしながら実際に会場に赴き、元々は家電ショーであるCESの雰囲気を感じた上で臨席したプレスカンファレンスでは、いやいやコレこそこのショーに相応しく、またホンダの個性が発揮されているじゃないかと、自らの不明を恥じることとなったのだ。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • mai*****|2018/02/12 11:24

    違反報告

    テレビで技術を前面に謳う会社との違いを思ってしまう。 会社の器が違う。
    色んな所に挑戦し、フィードバックして欲しい。
  • oku*****|2018/02/12 14:25

    違反報告

    ホンダ、トヨタはロボットに手を出して開発している。近い将来的に自動車産業は自動車だけで食っていけなくなる可能性を考えている。企業の先見性だ。
    自動ブレーキに始まって自動運転、カーシェア、個人所有をしない時代と考えると日本の自動車会社が全社、生き残るとは思えない。
    今、何を用意しておくか。それが将来、生き残るメーカーを決めるだろう。
  • moh*****|2018/02/12 11:30

    違反報告

    自分が高齢になる頃には、この人に寄り添うロボットたちがある程度活躍してくれている時代になるのかなぁ、まだかなぁとちょっと考えました。

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します