三菱 i-MiEV のみんなの質問

解決済み
回答数:
1
1
閲覧数:
108
0

電気自動車のシャシーですが、それ単体で走行モジュールが成立してるので違うボディを載せ替えても車検はOKなのでしょうか?

軽トラやSUVによくあるハシゴフレームの場合、それ単体で走行可能なので違うボディに載せ替えてもサイズ変更のために公認を受ければ合法的に路上を走れますが(ブラッドレーGTやメイヤーズマンクス等、VWのキットカーやジムニーの箱替えバギーが有名ですね)、

EVでも全く同じ法的条件が適応できるのでしょうか?

メーカーはEVシャシーを共通のスケートボード型にする事でボディラインナップの拡大を期待してるようですが、ハシゴフレームのクロカンがキャビンを替えても車検通るなら一般ユーザーによるカスタムとしてのボディ架装も車検に通るのかという話です。

長い間EVコンバートを夢見てるのですが費用が高額すぎるため安い中古EVをドナーに別の中古スポーツカーのボディを被せたいと考えております。中古のリーフやi-mievのコンポーネントを流用するのも考えましたが、ここにきてBMWの電気自動車がそのまま使えそう(少量生産で実際にスポーツカーのボディを架装した例があるようです)なので、値落ち激しいBMWなら今後やりやすいかなと思っております。

ミニ四駆やラジコンのように走行メカはペダルやハンドル等インプット装置を除きシャシーだけで成立していればモノコック車と違いボディを替えても法律にすり抜けられるのではないか?と考えております。

どうなんでしょう?


ちなみに僕のアカウントで同じような質問を出してますが特定車種に絞った質問で回答が望めなそうなので言葉を変えてもう一度質問してます。

質問の画像
「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。

ベストアンサーに選ばれた回答

シャシだけでドライブトレインの構成が成立していればokかもしれませんが、添付写真のような構造であれば不可能です。
あきらかにボディが車重を支える強度部材として構成されています。

前後ショックのアッパー及びフロントサスはボディが受けています。
さらにおそらくフロントアッパーアームもボディが支持しています。
リアはこの写真だと判りにくいけどアームを支持する部分の内側への曲げ剛性はボディーが担っているように見えます。
つまりボディーがシャシを吊り下げているので、シャシだけでは車として成立しません。

質問者からのお礼コメント

2024.4.28 01:15

色々とありがとうございます。もう少し研究してみます。

その他の回答 (0件)

その他の回答はまだありません

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の
「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
三菱 i-MiEV 新型・現行モデル

査定を依頼する

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離

※ 掲載しているすべての情報について保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格のため、掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。詳細は、メーカーまたは取扱販売店にてお問い合わせください。

ログイン

中古車探しをもっと便利に

  • 中古車お気に入り管理
  • おすすめ中古車の表示

三菱 i-MiEVのみんなの質問ランキング

あなたにおすすめのサービス

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離