現在位置: > > > > > CR-Zの今後

『CR-Zの今後』:ホンダ CR-Z

解決済みCR-Zの今後

CR-Zの今後発売当初はハイブリットスポーツで話題になりましたが、
今はさっぱりですよね。
この車ってそもそもハイブリットの必要はありますか。
フィットを見たらシステムで約100kg重くなってますし
CR-Zを普通のガソリン車にしたら1000kg以下も可能ですよね。
位置的にはフィットRSのお兄さん的な所で名前をCR-Xにしたら売れるんじゃないかな。
モーターアシストの加速は軽量化で相殺・燃費も軽量化で相殺され、
運動性能の向上・車両価格や維持費の低下で今より魅力があると思います。

K20AのタイプRほどはいらなく、ボディスペックに見合った1800ccあたりがいいですね。

ハイブリットラインナップを広げるホンダは、自己否定になりプライドにかけてやらないと思いますが
そんな話は無いですかね。

ベストアンサーに選ばれた回答

性能が中途半端だから余り売れないのだと思いますね。
私の様なオッサンでも昔のCR-Xを知っている世代としては興味が在るんですが・・。

CR-Zの今後を考えると飛躍的に走行性能をUPさせなければモデルチェンジを待たずして生産打ち切りになるのではないでしょうか?
そこで私がホンダに期待するのは全く新しいタイプのスポーツカー(スポーティーカー)です。
この手の車を所有するに当たり、まずネックとなるのが燃費です。
全く同じ性能なら誰もが燃費が良い方が良いに決まってますよね。
こんなご時世なのでセカンドカーを持てる余裕の有る方も少ないと思います。

またスポーツカーで通勤や買い物をする時にその性能は必要有りませんよね。
サーキット走行や峠を攻める時でも行き帰りの道中は燃費が良い方が良いに決まってます。

前置きが長くなりましたが私がCR-Zに期待するのは、エコモードでは現状か走行性能は多少犠牲にしても燃費を向上させ、スポーツモードでは燃費は考えずに思いっ切り高性能にして欲しいんです、リッター4km~5kmでも良いんですエコモードが有れば(その中間のモードが有ればなお良いですね)。
折角高性能のバッテリーを積んでいるのだからスポーツモードの時は積極的に速さにつながるアシストを行なえば良いのでは?
素人考えですがモーターを改良しモードにより性格が変化するとか、加給器をバッテリーで駆動するなんて良いんじゃないですかね?

いずれにしても1台で燃費の良いハイブリットカーと高性能スポーツカーが楽しめたら(価格は据え置きですよ)買っちゃうかも。

回答一覧

4件中1~4件を表示

  • いろんな意味でおとなのおもちゃ。
    面白そうだから買う物の一つ。
    買いたいと思う人が買えばいいし,
    飽きれば売りに出すんです。
    私,この車,好きです。
    もし,買う気があればご自分で確かめればいいのでは。
    燃費が気になれば燃費のいい車。
    スピードが出てキビキビ走る車なら外国製がいっぱい。
    買いもしないのにあれこれ評論するのは,
    知恵袋の趣旨にをお分かりいただけてないのか,お金がないのか...。
    いかがですか。

  • 将来的に、10年落ちぐらいのCR-Zを安値で購入し、古いインテRのエンジンをぶち込んでみたい衝動に駆られます。しかしこれは個人的な願望であって、量産車の全てがそうあるべきだとは思っていませんけどね。

  • そのCR-Xじゃ商品としての競争力がねえからCR-Zになった訳だが

  • ライトウェイトスポーツカーって、アシスト無しで売った方が良かったかも?
    そもそも燃費気にして乗る車?って誰もが思ったかも?
    カテゴリーがわかりずらい。(; ̄O ̄)
    もっと、車体低く、2シーター、Vテックターボ?エンジンで、86でも相手にならない
    ポテンシャルの車作った方が良かったかもね?

    インサイトや、フィットで十分足りてる気がします。(ーー;)

4件中1~4件を表示

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。

愛車の買取相場知るなら買取カービュー

車検予約・料金比較は、カービュークリア車検

マイカー登録はこちら

実力検証! リーフe+はドライブも楽しめるのか?

ダイハツロッキ― 新自由SUVだからこそ広がる世界がある

レクサスの流儀が随所に宿る UX200“Blue Edition”登場

中古車選びの不安にサヨナラ! Hondaの「U-Select」に注目の理由

中古車ホンダ CR-Zアクセスランキング
  1. 1位 1.5 アルファ
    1.5 アルファ
    590,000円(千葉)
  2. 2位
    1.5 アルファ
    688,000円(千葉)
  3. 3位
    1.5 アルファ 日本カー・オブ・ザ・イヤー 受賞記念車
    698,000円(埼玉)
  4. 4位
    1.5 アルファ
    500,000円(岡山)
  5. 5位
    α 6MT HDDナビ
    250,000円(富山)

※2020年4月2日現在(毎日更新)

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)