現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 6MT搭載! ホンダの「先進的スポーツカー」が凄かった! 斬新ボディに“走りの良さ”実現した「個性派クーペ」の反響は?

ここから本文です

6MT搭載! ホンダの「先進的スポーツカー」が凄かった! 斬新ボディに“走りの良さ”実現した「個性派クーペ」の反響は?

掲載 10
6MT搭載! ホンダの「先進的スポーツカー」が凄かった! 斬新ボディに“走りの良さ”実現した「個性派クーペ」の反響は?

■未来を先取りした「HVスポーツカー」の評価とは

 2023年10月に開催された第1回「ジャパンモビリティショー2023」では、今後到来すると言われる本格的な“クルマの電動化“時代へ向け、自動車メーカー各社がハイブリッドシステムや電動ユニットを搭載したHV・EVスポーツカーのコンセプトカーを出展。来場者が110万人を超える大賑わいとなりました。
 
 電動ユニットなどを搭載するスポーツモデルと聞くと、まだまだ未来のクルマや手の届きにくい価格のスーパーカーなど、どこか遠い存在のように思われがちですが、実はホンダは10年以上も前にハイブリッドシステムを搭載したスポーツカー「CR-Z」を販売していました。
 
 ホンダ独自のハイブリッドシステムを採用し、6速MTも選択できた同車について、SNSでは一体どのような評価が寄せられているのでしょうか。

【画像】カッコいい! これがホンダの「先進的スポーツカー」です(55枚)

 CR-Zは13年前の2010年に発売。まだ現在ほどハイブリッドカー自体が普及していなかった当時、ホンダは意欲的なスポーツカーとして同車を誕生させました。

 搭載するパワーユニットは1.5リッターエンジンに先述のホンダ独自のハイブリッドシステム「IMA」を組み合わせたもので、トランスミッションにはCVTおよびハイブリッドカーとして世界初の6速MTを採用。

 この6速MTモデルは最高出力114馬力を発揮するとともに、モーターアシストの生み出す力強い低速トルクによってスムーズな加速を実現。あわせて良好な燃費も両立していました。

 CR-Zのボディスタイルは、かつてのライトウエイトスポーツカー「CR-X」を思わせる3ドアのクーペフォルム。似通った車名からも繋がりを感じますが、CR-Zという名は「Compact Renaissance Zero」を意味しており“原点に立ち戻って新しいコンパクトカーを生み出す”というホンダの決意が込められたものだといいます。

 そんなCR-Zは、新時代のスポーツカーとして期待を集め、発売開始から1カ月で1万台の受注を達成。同年には「第31回日本カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞するなど、高い評価を獲得します。

 モデル中盤には大規模なマイナーチェンジを敢行し、より迫力のあるエクステリアデザインを獲得したほか、最高出力も向上するなど細かな改良を施し続けましたが、2017年にCR-Zは後継モデルを残さず1代のみで販売を終了しました。

 しかし同車は販売終了までに合計約4万台を販売するなど一定の成果を上げており、環境への優しさとスポーティで楽しい走りを両立したチャレンジングなモデルだったと言えるでしょう。

※ ※ ※

 そんなCR-Zについて、かつてのオーナーを中心にSNSでは様々な評価コメントが投稿されています。

 とくに多く見られるのが「デザインに一目惚れして乗ってました」「今まで所持したクルマの中で1番好きです」「低速トルクがあって街乗りや峠道で良く走るクルマだった」「コンパクトなのにリアに安定感がありコーナーリング性能が素晴らしかったです」など、スタイリングや走りが良かったと懐かしむコメントです。

 また、「イグニッションオン時のメーター演出がカッコよくてワクワクするんだよね」「程良いサイズ感とそこそこの低燃費が◎」「荷物も充分載るし旅行にも活躍してくれました!」といった、想像以上に実用性に優れたモデルだったというオーナーならではの声も。

 そのほか、「誕生が早すぎた、ホンダらしい実験的モデルだった」「ハイブリッド×MTは良いアイデアだったのに…」「当時は斬新すぎたけど今ならもっと受け入れられたと思う」と、CR-Zが時代を先取りすぎていたと感心する投稿のほか、「CR-Zにスーパーチャージャーを搭載した爆速仕様に乗ったことがあるけどすごく良かったな」など、過激なカスタマイズを施した驚きの仕様について触れている人も存在しました。

※ ※ ※

 現在ホンダは、ハイブリッドシステムを搭載した新型スポーツカー「プレリュード」を遠くない将来に市販化する予定だと発表しており、先述のジャパンモビリティショー2023をはじめとした様々な自動車イベントでは、そのコンセプトモデルが出展されています。

 ホンダならではの“走りの良さ”と“操る喜び”を体現する新たなハイブリッドスポーツカーの復活に、再び期待が高まっています。

こんな記事も読まれています

運気アップなドライブがしたい人は要チェック!【週末ドライブ占い】2024年4月20~21日
運気アップなドライブがしたい人は要チェック!【週末ドライブ占い】2024年4月20~21日
月刊自家用車WEB
山形の「ヨコ軸」が延伸! 東北中央道につながる快走路「新庄古口道路」2024年度全通
山形の「ヨコ軸」が延伸! 東北中央道につながる快走路「新庄古口道路」2024年度全通
乗りものニュース
ハミルトンの後任候補アントネッリがメルセデスで初のF1テスト「F1のパワーとダウンフォースを味わえて最高の気分」
ハミルトンの後任候補アントネッリがメルセデスで初のF1テスト「F1のパワーとダウンフォースを味わえて最高の気分」
AUTOSPORT web
10年ぶりの全面改良で4代目になった「ミニ3ドア」はどう進化? EVの「クーパーSE」とガソリン車「クーパーS」はなぜサイズもデザインも微妙に違う?
10年ぶりの全面改良で4代目になった「ミニ3ドア」はどう進化? EVの「クーパーSE」とガソリン車「クーパーS」はなぜサイズもデザインも微妙に違う?
VAGUE
トヨタが全長5m「新型ラージSUV」発売! 17年ぶり復活エステートやランドスケープ実車展示! 全国でアクティブライフ発信へ
トヨタが全長5m「新型ラージSUV」発売! 17年ぶり復活エステートやランドスケープ実車展示! 全国でアクティブライフ発信へ
くるまのニュース
【インタビュー】元SBKライダーのチャズ・デイビス選手が解説する、電動バイクレースMotoEの戦い方
【インタビュー】元SBKライダーのチャズ・デイビス選手が解説する、電動バイクレースMotoEの戦い方
バイクのニュース
懐かしのオープン軽トラ「バモスホンダ」を2台所有! 2年がかりでカタログと同じ仕様に仕上げたアンデスイエローの美車を紹介します
懐かしのオープン軽トラ「バモスホンダ」を2台所有! 2年がかりでカタログと同じ仕様に仕上げたアンデスイエローの美車を紹介します
Auto Messe Web
エクリプスクロスにディーゼル追加も1年で廃止!? PHEV追加で商品力爆増!! 定期的な改良で商品力をキープ
エクリプスクロスにディーゼル追加も1年で廃止!? PHEV追加で商品力爆増!! 定期的な改良で商品力をキープ
ベストカーWeb
【MotoGP】ランキング首位好調マルティン、ライバルはやっぱりバニャイヤ? 「マルケスやアコスタもいる」と警戒
【MotoGP】ランキング首位好調マルティン、ライバルはやっぱりバニャイヤ? 「マルケスやアコスタもいる」と警戒
motorsport.com 日本版
特別仕様車は限定8,000台! トヨタ「ランドクルーザー」、中核モデルの新型車「250」シリーズ発売
特別仕様車は限定8,000台! トヨタ「ランドクルーザー」、中核モデルの新型車「250」シリーズ発売
LE VOLANT CARSMEET WEB
【ハーレー】6/1に横浜で開催される「BLUE SKY HEAVEN 2024」ライブステージの出演者を発表!
【ハーレー】6/1に横浜で開催される「BLUE SKY HEAVEN 2024」ライブステージの出演者を発表!
バイクブロス
元世界チャンプ「北川圭一」氏がアナタにアドバイス!2024年度の「スズキ北川ライディングスクール」は4回開催!  
元世界チャンプ「北川圭一」氏がアナタにアドバイス!2024年度の「スズキ北川ライディングスクール」は4回開催!  
モーサイ
ハンモックの最高傑作が上陸! 3秒設置で軽くて丈夫なポータブルハンモック「anymaka(エニーマカ)」【車に積みたいアウトドアアイテム】
ハンモックの最高傑作が上陸! 3秒設置で軽くて丈夫なポータブルハンモック「anymaka(エニーマカ)」【車に積みたいアウトドアアイテム】
月刊自家用車WEB
マツダ、3列シートの新型SUV「CX-80」を世界初公開 日本は年内発売
マツダ、3列シートの新型SUV「CX-80」を世界初公開 日本は年内発売
日刊自動車新聞
WEC第2戦開幕、ポルシェの快進撃が続くか、王者トヨタの巻き返しか【イモラ6時間 プレビュー】
WEC第2戦開幕、ポルシェの快進撃が続くか、王者トヨタの巻き返しか【イモラ6時間 プレビュー】
Webモーターマガジン
レッドブル、オーストラリアGPの苦戦”再現回避”に自信? ペレス「僕たちはあそこで多くを学んだ」
レッドブル、オーストラリアGPの苦戦”再現回避”に自信? ペレス「僕たちはあそこで多くを学んだ」
motorsport.com 日本版
スズキ、軽トラック「キャリイ」シリーズを一部仕様変更
スズキ、軽トラック「キャリイ」シリーズを一部仕様変更
月刊自家用車WEB
ホンダ 新型「プレリュード」まもなく復活!? 次期型“流麗クーペ”は「デートカー」それとも「スポーツカー」? 歴代初の「タイプR」登場はあるのか
ホンダ 新型「プレリュード」まもなく復活!? 次期型“流麗クーペ”は「デートカー」それとも「スポーツカー」? 歴代初の「タイプR」登場はあるのか
くるまのニュース

みんなのコメント

10件
  • ********
    詐欺記事
    くたばれメディアヴァーグ
  • たーぼー
    なんで1代で終わらせちゃうかなー。ビジネスなんだから売れなかったとしても、車名を継続させるのって大事だと思う。NSXやS660やジェイドなんかもそう。ホンダという会社としての姿勢が問われるよ。そんなだから軽とミニバンだけのメーカーになっちゃうんだよ。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

270.0292.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

20.0487.0万円

中古車を検索
CR-Zの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

270.0292.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

20.0487.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村