現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 新車購入のトヨタ「86」をオールブラックで貫く理由とは? ノーマルなのにスタイリッシュに見える秘密に迫ります

ここから本文です

新車購入のトヨタ「86」をオールブラックで貫く理由とは? ノーマルなのにスタイリッシュに見える秘密に迫ります

掲載 13
新車購入のトヨタ「86」をオールブラックで貫く理由とは? ノーマルなのにスタイリッシュに見える秘密に迫ります

新車で購入しカスタム進行中

2023年10月29日にTRUST主催で開催されたユナイトミーティングには、トヨタ「86」やスバル「BRZ」、スズキ「スイフトスポーツ」などが数多くエントリーした。ここでは、会場で発見した86とBRZをピックアップ。今回はシンプルながら走りに割り振ったカスタム進行中の1台を紹介しよう。

Project μとALCONの最強コラボ!! トヨタ「86」「GRヤリス」「GRスープラ」に対応の本格レーシングキャリパーの誕生です

ZN8のスタイルに一目惚れ

今回で2回目の開催となるTRUST主催ユナイトミーティングが、2023年10月29日に千葉県のNATS日本自動車大学校で開催された。今回のミーティングでは、86とBRZ、スイフトスポーツにフォーカスを当て、自慢のカスタム車両が会場に集結。ここでは集まった車両の中でも86とBRZから気になる車両をピックアップする。今回は、ブラックボディのZN8型をベースに、見た目はシンプルながら主に中身を中心に徐々にカスタムを楽しんでいるという個体に注目。以前はホンダ「CR-Z」に乗っていたというオーナーの小森さんにお話を聞いてみた。

86には初代モデルからブラックボディの設定があり、その後も設定が続く定番カラーだ。ボディラインが引き締まって見え、ひとまわりコンパクトな見た目となるのが特徴だ。ところがカスタムベースと考えた場合、明るいカラーをチョイスすることが多いようで、会場ではどちらかというと少数派だった。

小森さんは、モデルチェンジを果たしたZN8型のボディデザインやスタイルに惚れ込んだ結果、あえてボディラインが強調されるブラックをチョイスして新車で購入したというわけだ。ちなみに小森さんは、チューニングを前提としているため内装が簡素で、16インチのホイールを装着。

あえてホイールもブラックとしシンプルな外観に徹する

ユナイトミーティングの会場では、エアロパーツを全く装着しないブラックボディは逆に少数派で目立っていた。それでもスタイリッシュに見えるのは、車高をかなり下げているせいだろう。小森さんにお話を伺うと、ビルシュタイン製の車高調をチョイスし、車高を下げた上で若干キャンバー角も調整しているという。停まっているだけで迫力を感じるのは、この計算されたスタンスの賜物といえる。また、ホイールもあえてシンプルなブラックの5スポークのCROSS SPEED CR5をチョイス。外観は黒一色となっている。小森さんはカスタムの方向性について、このように話してくれた。

「基本的にはあまりボディラインが変わってしまうエアロなどは装着せず、中身のカスタムに力を入れています」

エンジンのターボ化や駆動系&足回りの強化が目標

まだこのクルマを購入したばかりということで、現状ではあまりカスタムは進行していないが、今後のビジョンはすでにしっかりと決まっているという。

「まずはTRUSTのターボキットを装着して、これに合わせてデフやクラッチなどにも手を入れていく予定です。外装はできるだけシンプルなままの予定ですが、軽量化のためにカーボンパーツを取り入れようと思っています」

インテリアに関しても、現在はGhostExpodのステアリングやシフトノブを装着した程度だが、徐々に手を入れていきたいと小森さんは語ってくれた。

こんな記事も読まれています

CBXなど昭和の名車を展示! ホンダ×渋谷のスニーカーショップ「BILLY’S ENT SHIBUYA」コラボイベント開催
CBXなど昭和の名車を展示! ホンダ×渋谷のスニーカーショップ「BILLY’S ENT SHIBUYA」コラボイベント開催
モーサイ
なぜほかのメーカーが採用しないのか不思議! ホンダディーラーで使う「アクセサリーチェックシート」が単純だけど有能すぎた
なぜほかのメーカーが採用しないのか不思議! ホンダディーラーで使う「アクセサリーチェックシート」が単純だけど有能すぎた
WEB CARTOP
F1 Tokyo Festivalが今年も開催! 六本木ヒルズアリーナで4月2日から2日間……日本GP直前に、東京もF1色に染まる
F1 Tokyo Festivalが今年も開催! 六本木ヒルズアリーナで4月2日から2日間……日本GP直前に、東京もF1色に染まる
motorsport.com 日本版
トヨタ「スペシャリティカー」実車展示! 高級“2ドア”クーペに2.8L直6搭載!? 1000万円級個体も存在、ソアラの反響は?
トヨタ「スペシャリティカー」実車展示! 高級“2ドア”クーペに2.8L直6搭載!? 1000万円級個体も存在、ソアラの反響は?
くるまのニュース
ホンダ「CBR400R」 外観を一新し装備を充実させた新型モデル発売
ホンダ「CBR400R」 外観を一新し装備を充実させた新型モデル発売
バイクのニュース
樹脂パーツの救世主! DIYで使える強力補修剤とは?~Weeklyメンテナンス~
樹脂パーツの救世主! DIYで使える強力補修剤とは?~Weeklyメンテナンス~
レスポンス
スポーティな2ドアも加えて新時代の高級車像を確立!「230セドリック/グロリア」新発売!【53年前の今日、こんなことが…】
スポーティな2ドアも加えて新時代の高級車像を確立!「230セドリック/グロリア」新発売!【53年前の今日、こんなことが…】
LE VOLANT CARSMEET WEB
ロータス エレトレ【1分で読める輸入車解説/2023年版】
ロータス エレトレ【1分で読める輸入車解説/2023年版】
Webモーターマガジン
最新ハイブリッドも発売目前!? カワサキが大阪・東京・名古屋モーターサイクルショーの出展概要を発表
最新ハイブリッドも発売目前!? カワサキが大阪・東京・名古屋モーターサイクルショーの出展概要を発表
WEBヤングマシン
まもなく発売開始!? カワサキが新しいオフロードバイク「KLX230」を実車展示! 林道ツーリングに最適な注目モデルの魅力とは?
まもなく発売開始!? カワサキが新しいオフロードバイク「KLX230」を実車展示! 林道ツーリングに最適な注目モデルの魅力とは?
VAGUE
【最新モデル試乗】優れた走りとスペース性。新世代Kカーの「ど真ん中」、新型スズキ・スペーシアの優位ポイントを探る
【最新モデル試乗】優れた走りとスペース性。新世代Kカーの「ど真ん中」、新型スズキ・スペーシアの優位ポイントを探る
カー・アンド・ドライバー
ホンダ「新型スーパーカー」登場へ まさかの「NSX復活」!? 「プレリュード」に続く流麗ボディ×エモーショナルな「フラッグシップスポーツカー」登場なるか
ホンダ「新型スーパーカー」登場へ まさかの「NSX復活」!? 「プレリュード」に続く流麗ボディ×エモーショナルな「フラッグシップスポーツカー」登場なるか
くるまのニュース
【SCOOP!!】FX? はたまたゼファー?! カワサキ新型「Z400RS」に車名変更の可能性アリ?!
【SCOOP!!】FX? はたまたゼファー?! カワサキ新型「Z400RS」に車名変更の可能性アリ?!
WEBヤングマシン
全長5m超! 日産「新型エルグランド」見えたか! ド迫力の「新型車」を世界初公開! 伝統の「エルグラ顔」採用したモデルとは
全長5m超! 日産「新型エルグランド」見えたか! ド迫力の「新型車」を世界初公開! 伝統の「エルグラ顔」採用したモデルとは
くるまのニュース
クシタニが2024SSのおススメガーメントを発表!常に進化しながら安全な世界を創造
クシタニが2024SSのおススメガーメントを発表!常に進化しながら安全な世界を創造
バイクのニュース
ホンダ「PCX160」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
ホンダ「PCX160」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
webオートバイ
「あおりハンドル」しちゃう人必見!! 大型車では気になる内輪差だけど普通車はどうなのよ!?
「あおりハンドル」しちゃう人必見!! 大型車では気になる内輪差だけど普通車はどうなのよ!?
ベストカーWeb
【大分日田市】何体の巨人と会える?進撃の巨人ゆかりの地巡り!〈文化に触れるドライブ旅〉
【大分日田市】何体の巨人と会える?進撃の巨人ゆかりの地巡り!〈文化に触れるドライブ旅〉
グーネット

みんなのコメント

13件
  • m_d********
    ダサいハンドル・エアコン吹き出し口の謎の装飾・知性を感じられないGPSアンテナの配線・クイックシフターが入って無さそうなロングシフトノブ。サイドブレーキレバーのドリフト小僧御用達ノブと手を加えた箇所が全てダサいという奇跡。
  • わんこ
    変なステアリングに変なシフトノブ
    ここまでダサく出来るのはある意味すごい。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

270.0292.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

20.0487.0万円

中古車を検索
CR-Zの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

270.0292.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

20.0487.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村