現在位置: carview! > 編集記事 > スクープ > ポルシェのEV・タイカンにはカレラやターボというグレード名が存在。頂点モデルは0-100加速2.8秒

ここから本文です
スクープ 2019.9.5 レポート:木村 好宏 / 写真:Kimura Office

ポルシェのEV・タイカンにはカレラやターボというグレード名が存在。頂点モデルは0-100加速2.8秒

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ポルシェのEV・タイカンにはカレラやターボというグレード名が存在。頂点モデルは0-100加速2.8秒
  • ポルシェのEV・タイカンにはカレラやターボというグレード名が存在。頂点モデルは0-100加速2.8秒
  • ポルシェのEV・タイカンにはカレラやターボというグレード名が存在。頂点モデルは0-100加速2.8秒
  • ポルシェのEV・タイカンにはカレラやターボというグレード名が存在。頂点モデルは0-100加速2.8秒
  • ポルシェのEV・タイカンにはカレラやターボというグレード名が存在。頂点モデルは0-100加速2.8秒
  • ポルシェのEV・タイカンにはカレラやターボというグレード名が存在。頂点モデルは0-100加速2.8秒
  • ポルシェのEV・タイカンにはカレラやターボというグレード名が存在。頂点モデルは0-100加速2.8秒
  • ポルシェのEV・タイカンにはカレラやターボというグレード名が存在。頂点モデルは0-100加速2.8秒
  • ポルシェのEV・タイカンにはカレラやターボというグレード名が存在。頂点モデルは0-100加速2.8秒
  • ポルシェのEV・タイカンにはカレラやターボというグレード名が存在。頂点モデルは0-100加速2.8秒
  • ポルシェのEV・タイカンにはカレラやターボというグレード名が存在。頂点モデルは0-100加速2.8秒
  • ポルシェのEV・タイカンにはカレラやターボというグレード名が存在。頂点モデルは0-100加速2.8秒
  • ポルシェのEV・タイカンにはカレラやターボというグレード名が存在。頂点モデルは0-100加速2.8秒
  • ポルシェのEV・タイカンにはカレラやターボというグレード名が存在。頂点モデルは0-100加速2.8秒
  • ポルシェのEV・タイカンにはカレラやターボというグレード名が存在。頂点モデルは0-100加速2.8秒

4ドア・フル4シーターのパナメーラに似たデザイン

ポルシェが来年から発売を予定しているハイパーエレクトリックスポーツカー「タイカン」のワークショップが開催された。ここではタイカンのコンセプトおよび性能の一部が公開されると同時に同乗試乗も許されたのである。

タイカンは「パナメーラ」に似たデザインのフル4シーター・4ドアスポーツカーで全長4959×全幅1958×全高1380mmと、やや短く、幅広く、低い。背の高い内燃エンジンが不要なために、低くスラントしたフロントノーズ、前後のボリューム感のあるフェンダー、傾斜の強くなったルーフ後端など、そのプロポーションは4ドアの「911」と言えるほどスポーティだ。

ポルシェはタイカンをフル4シータースポーツカーと説明しており、リアには2個のゴルフバッグが積載可能である。総重量は明らかにされていないが、強固なフレーム込みのバッテリーが約600kg、ホワイトボディの重量は約400kgと発表された。これに2基の電気モーターやエアコンなどの補器類、シートや内装などを加えれば、想像するに2トンは超えるだろう。しかし空力特性は優秀でCd値は0.22と発表されている。

私の前に現れたプロトタイプはまだカムフラージュが施された状態で、同じようなテスト車は世界30カ国、気温35度~-50度まで、湿度は20%~100%まで、標高85m~3000mまでの国々を、1000人の開発スタッフと共に延べ数100万kmを走破した実績を持つ。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します