現在位置: carview! > 編集記事 > スクープ > ジュネーブで発表された14億円のブガッティ。登場裏話やデザイナーの独占取材を公開

ここから本文です
スクープ 2019.3.7 レポート:木村 好宏 / 写真:Kimura Office

ジュネーブで発表された14億円のブガッティ。登場裏話やデザイナーの独占取材を公開

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ジュネーブで発表された14億円のブガッティ。登場裏話やデザイナーの独占取材を公開
  • ジュネーブで発表された14億円のブガッティ。登場裏話やデザイナーの独占取材を公開
  • ジュネーブで発表された14億円のブガッティ。登場裏話やデザイナーの独占取材を公開
  • ジュネーブで発表された14億円のブガッティ。登場裏話やデザイナーの独占取材を公開
  • ジュネーブで発表された14億円のブガッティ。登場裏話やデザイナーの独占取材を公開
  • ジュネーブで発表された14億円のブガッティ。登場裏話やデザイナーの独占取材を公開
  • ジュネーブで発表された14億円のブガッティ。登場裏話やデザイナーの独占取材を公開
  • ジュネーブで発表された14億円のブガッティ。登場裏話やデザイナーの独占取材を公開
  • ジュネーブで発表された14億円のブガッティ。登場裏話やデザイナーの独占取材を公開
  • ジュネーブで発表された14億円のブガッティ。登場裏話やデザイナーの独占取材を公開
  • ジュネーブで発表された14億円のブガッティ。登場裏話やデザイナーの独占取材を公開
  • ジュネーブで発表された14億円のブガッティ。登場裏話やデザイナーの独占取材を公開
  • ジュネーブで発表された14億円のブガッティ。登場裏話やデザイナーの独占取材を公開
  • ジュネーブで発表された14億円のブガッティ。登場裏話やデザイナーの独占取材を公開
  • ジュネーブで発表された14億円のブガッティ。登場裏話やデザイナーの独占取材を公開
  • ジュネーブで発表された14億円のブガッティ。登場裏話やデザイナーの独占取材を公開
  • ジュネーブで発表された14億円のブガッティ。登場裏話やデザイナーの独占取材を公開

創立110年を祝うブガッティにしかできないクルマ

私のブガッティとの決定的な出会いは80年代に開館したばかりのシュルンプ公立自動車博物館だった。カーグラフィックで読み漁ったブガッティは全て紙の上の出来事となって消え去り、倒産したかつての紡織工場跡に並べられた目の前のフレンチブルーの大群は、時代を超えたインパクトを私に与えたのである。とりわけ美術品のような直列8気筒エンジンを搭載した「ロワイヤル(タイプ41)」は息を呑むような存在で、その体験を例えるならばルーブル博物館で初めてサモトラケのニケ像を見た時と同じ感動を得たのであった。

ところでブガッティの歴史を見ると、6台生産されたロワイヤル以上に希少価値の高いモデルが1台存在する。それが「アトランティック(タイプ57SC)」だ。エットーレ・ブガッティの息子、ジャンが製作したこのスポーツクーペはわずか4台が生産され、その内の黒いクルマ(La Voiture Noire=ラ・ヴォアチュール・ノアール)と呼ばれた1台は、戦災を避けるために南仏のボルドーへの列車輸送の途中で消えてしまった。

酔っ払いの自転車を避けるための交通事故で命を落としたジャンに代わって、父のエットーレが列車輸送の出荷品目票にサインをしていたのにも関わらず南仏の駅には到着しなかったのである。推測によれば、積荷の中身を知ったドイツ軍が格好のアルミ資源として分解、溶かしてしまったと言われる。

いずれにせよ、この悲劇のクルマにブガッティ社長ステファン・ヴィンケルマンが想いを寄せたことは間違いない。そしてブガッティ社の創立110年を記念して企画、製作されたのがこの「ラ・ヴォアチュール・ノアール(黒いクルマ)」である。彼はランボルギーニとアウディ・スポーツ社の社長を歴任した後にブガッティ社長に就任した。その時から「ブガッティにしかできない唯一無二の車」を目指していたのである。

メーカーから編集記事を探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します