サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > アストンマーティン初のSUV「DBX」開発着手から4年を経てついに発表

ここから本文です

アストンマーティン初のSUV「DBX」開発着手から4年を経てついに発表

アストンマーティンは、同ブランド初のSUVとなる「アストンマーティンDBX」を11月20日、発表した。これまでに断片的に情報が公開されてきたDBXだが、ついに全貌が明らかとなり、2020年第2四半期に発売される予定だ。

アストンマーティンによると、DBXの開発に取り掛かったのは2015年。発表までに4年近い歳月をかけたことになるが、ブランド初のSUVということもあり、広範囲な開発プログラムをこなした模様。メーカーはスポーツカーのダイナミクス性能と優れたオフロード性能を実現したと主張している。

デザインは、フロントの“DBグリル”や複雑な曲面を描くサイドパネル、ヴァンテージからインスピレーションを受けたというテールゲートなどを採用し、アストンマーティンと識別できるスタイルが追求されている。ホイールサイズは22インチと大きく、これに前285/40 YR22、後325/35 YR22のピレリ Pゼロタイヤを組み合わせる。

車両の骨格をなすプラットフォームは、SUV専用に新設計されたもの。ボディサイズは全長5039mm×全幅1998mm×全高1680mm。ランボルギーニ・ウルスに近いサイズ感だ。これまでに培ったスポーツカーづくりのノウハウを生かした接着アルミニウム構造により、軽量・高剛性が追求されており、車重は2245kgと発表されている。

ユーティリティについては2列シート仕様となっており、乗車定員は5名。ラゲッジルーム容量は632リッターで、40:20:40の分割可倒式リアシートを格納することで、さらなる荷物スペースを稼ぎ出すことも可能。

搭載するエンジンは、「DB11」や「ヴァンテージ」と共通の4リッターV8ツインターボユニット。トランスミッションは9速ATが組み合わされ、4輪を駆動する。スペックは最高出力550ps、最大トルク700Nm。SUVとしてはかなり高性能な部類に入り、0-100km/h加速が4.5秒、最高速度は291km/hと公表されている。なおエキゾースト音を変化させられる“アクティブ エキゾーストシステム”も備える。

サスペンションには、電子制御ダンパーにエアサスペンションを組み合わせたもの。エレクトリック・アンチ ロール・コントロール・システム(eARC)と呼ばれるロール抑制機能により、スポーツカーのようなハンドリングを実現しつつ、高次元の乗り心地が追求されている。なおエアサスの車高調整機能は、標準状態から45mmの上昇と50mmの下降が可能という。

インテリアは、ドライバー側に12.3インチのTFT液晶モニター、センターコンソールには10.25インチのTFT液晶モニターを備え、様々な情報提供や車両操作を可能としている。Apple CarPlayに対応するほか、360度カメラシステムで捉えた映像を映し出すことも可能だ。

DBXの生産は、ウェールズに新たに建設されたアストンマーティン第2の工場で行われる。前述のようにデリバリー開始は2020年第2四半期に予定され、英国でのスタート価格は15万8000ポンド(約2212万円)となる。