サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > マーケット > SUVがシェア続伸。ヤリスクロス、ハリアー、キックスが好調【ボディタイプ別売れ筋・10月】

ここから本文です

SUVがシェア続伸。ヤリスクロス、ハリアー、キックスが好調【ボディタイプ別売れ筋・10月】

セダン/ファストバック部門:クラウン&カムリが前年超え

セダン/ファストバック部門は、計1万4436台を登録。登録車全体に占めるシェアは7.3%で前月から変わっておらず、堅調に推移している。

首位の「トヨタ プリウス」は、前月比9.8%減の5360台を登録。前月に比べると若干減少したが、同カテゴリーのなかでは人気は不動だ。2位「トヨタ クラウン」は前月比3.9%増の2129台を登録。最近は色々な噂も出ているが、全体の95%を占めるハイブリッド車を中心にセールスは堅調だ。

3位は「トヨタ カローラ」。デビュー直後だった前年との比較では24.7%減と落ち込んだが、10月1日に小変更を行っており、この販売のテコ入れがどう出るか。登録が進む次月以降の結果に期待したい。4位「トヨタ カムリ」は、前月から41%も増加。8月に設定した40周年記念特別仕様車が台数増に貢献している。5位には「トヨタ カローラアクシオ」が続いた。

おすすめのニュース

サイトトップへ