サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > スクープ > 間もなく登場するMINI初のプラグイン・ハイブリッドはどんなクルマ?

ここから本文です

間もなく登場するMINI初のプラグイン・ハイブリッドはどんなクルマ?

パワートレーンは2シリーズ アクティブツアラーと共通?

通常タコメーターが備わる位置にはパワーメーターが備わり、トグルスイッチの並びの中央に通常のレッドではなくイエローのスタート/ストップ・スイッチを装備する。このスイッチを操作すると車両はスタンバイ状態となる。

発進時はリアアクスルに備わる電気モーターのみが作動する。そこからアクセルペダルをさらに踏み込めば内燃エンジンが始動し、フロントアクスルを駆動する。つまりミニPHVは、BMWグループの新FF系プラットフォームである「UKL2」を採用した「BMW 2シリーズ アクティブツアラー」に設定されている、「225xeアクティブツアラー」と同様のハイブリッド・パワートレインを搭載していると考えられる。

ちなみに標準のAUTO eDRIVEモードでは最高80km/h、MAX eDRIVEモードでは最高125km/hまで電気モーターのみで走れるという。トグルスイッチの操作により、セーブ・バッテリー・モードを選択すれば、内燃エンジンを積極的に回し、高電圧バッテリーの蓄電量を維持または高めることも可能だ。

マッケンゼン氏は次のように語っている。「ミニのハイブリッド・モデルは、エレクトロ・モビリティとして強烈な体験でなければなりません。そして、それはEV走行での最高速度が30km/hや40km/hではなく、都市交通を超えるレベルであることを意味しています」

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します