サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > マツダの新世代モデル第2弾はCX-30。大人4人がゆったり座れるCX-3とCX-5の中間サイズ

ここから本文です

マツダの新世代モデル第2弾はCX-30。大人4人がゆったり座れるCX-3とCX-5の中間サイズ

CX-3後継のモデル名はCX-30だった

5日から開幕した第89回ジュネーブ国際モーターショーの話題の一つが、マツダが満を持して発表した「CX-30」だ。「CX-3」の後継に位置付けられていたものの、車名が未公開だったことから新型「CX-3」とも、「CX-4」とも噂されていたが、いざ、ふたを開けてみたところ、「CX-30」という新しいモデル名が与えられることになった。

2015年の初代(現行モデル)発売以降、本国日本を始め、世界的に人気を博してきたモデルの刷新とあって、発表の会場にも多くのメディアが集まっていた。成功した初代「CX-3」の印象を保ったSUVルックであるものの、マツダの真骨頂である魂動デザインを深化させたエクステリア・デザインを纏う。

また、全長×全幅×全高=4395×1795×1540mm、ホイールベースが2655mmへと拡大されることから、「CX-3」と「CX-5」の中間に当たるサイズ感となる。

「『CX-30』は、お客さまにとって日々のパートナーとして、なくてはならない存在と思っていただけるように開発いたしました。マツダの「走る歓び」と深化した「魂動デザイン」を世界中のお客さまにお届けできますようマツダの主要拠点で生産いたします。今後もマツダは、新しい商品や技術によって、お客さまにマツダ車を保有する価値を感じ続けていただき、『お客さまと世界一強い絆で結ばれたブランド』を目指してまいります」と、代表取締役社長兼CEOの丸本明氏は語る。

「ご家族やご友人と、どこにでも気軽に出かけ、歓びを分かち合っていただけるよう、大人4人がゆったりと座れる空間と、くつろげる使い勝手の良いパッケージングを実現」とマツダが語る通り、スタイリングがSUV風というだけではなく、乗降性や視認性の高さと小回りの効く手頃なサイズ感を両立し、運転しやすさを重視した設計だ。

次のページ>>ボディやパワートレーンは新型マツダ3と共通

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します