サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > もうニッチな異色モデルとは言わせない!? BMW X4が5年待たずに速攻フルモデルチェンジ

ここから本文です

もうニッチな異色モデルとは言わせない!? BMW X4が5年待たずに速攻フルモデルチェンジ

9月6日、BMWジャパンは今年3月のジュネーブ・モーターショーでデビューした、BMWのSUVならぬSAC=スポーツ・アクティビティー・クーペ、新型X4の国内発表会を開きました。新型X4は、先代登場から約4年半と、最近のモデルサイクルからすると早めのモデルチェンジで、昨年登場した新型X3と同様に、新世代のプラットフォームに移行したことになります。

今回、国内に導入されたのは、3.0L直列6気筒ターボエンジンを搭載するMパフォーマンスモデル「M40i」と、2.0L直列4気筒ターボエンジンを搭載する「xDrive30i」、そしてそのMスポーツバージョンとなる「xDrive30i M Sport」の3グレード。先代と同じく、すべてガソリンエンジンでの国内展開となります。組み合わされるトランスミッションは、BMW十八番の8速トルコンAT。ちなみに先代のM40iは左ハンドルのみでしたが、新型では全モデルが右ハンドルとなります。

気になる価格は、BMWが「プレミアム・ミドルクラスSAC」と呼ぶだけあって、スタンダードモデルのxDrive30iでも、消費税込みで764万円から。トップレンジのM40 iでは977万円と、乗り出し1000万円オーバー確実な、まさにプレミアムなプライシングとなっています。

新型X4のボディサイズは、M40 iの場合、全長4760×全幅1940×全高1620mm、ホイールベースは2865mmとなり、xDrive30iは全幅が1920mmとなります。旧X4と比べてみると、全長で80mm、全幅で40mm、ホイールベースで55mmサイズアップする一方、全高は5mmマイナスと、ローアンドワイドなスタイルとなっています。また、前後方向にも伸びたことで、クーペらしいサイドの伸びやかなフォルムが強調されています。

エクステリアの特徴といえば、フロントでは縦方向に伸びたキドニーグリルと、その左右から睨みつけるようなヘッドライト、サイドでは後端が前傾ラインを描く前後ホイールアーチと、リアドア前半からテールライトの端まで伸びやかに盛り上がるブリスターフェンダー、リアではテールゲート中央のBMWエンブレムを挟んで、薄く左右に伸びる逆L字のLEDテールライトといったところでしょうか。特に、ディスプレイされていたM40 iは、21インチの大きなホイールを履いている(オプションではなく)ので、相対的にボディが引き締まって見えます。

インテリアでは、BMWではお馴染みのダッシュボードセンター上部に、10.25インチのタッチ式ディスプレイが設置されていますが、各種メニューの操作は、音声や手の動きによるジェスチャーでも可能になっています。

また、安全・運転支援システムとしては、部分自動運転を可能にした「ドライビング・アシスト・プラス」が全グレードに標準装備されています。例えば、高速走行時にステアリングに操舵力を加えて車線の中央付近を走行しやすいようサポートしたり、側面衝突の危険性を感知して衝突を回避するようステアリング操作に介入したりといった内容になります。

その他、細かすぎるかもしれませんが、ハッチバックゲートの開閉機構が、先代の左右にガスダンパーが露出していた方式から、天井側にコンパクトに収まったアーム内蔵のヒンジ式に変更されていたのが気になりました。荷室スペースの左右方向に影響が少ない同方式は、昨年登場した5シリーズツーリングのゲート開閉機構と似通っていて、今後テールゲートを持つ同社モデルの定番になるのかなと思ったりした次第です。

マーケットのスキマに投入される、ニッチな異色モデルという目で見られていたBMWの偶数Xシリーズですが、ここに来て、新規モデルのX2、モデルチェンジの新型X4と、本家(?)の奇数Xシリーズに遠慮することなく、独自の魅力を発散させているように感じました。今後マーケットでどう受け入れられるのか、お手並み拝見といきましょう。

次のページ>>スペック例

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します