サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > アルピーヌA110に2台のカタログモデル登場 いつ手に入る?

ここから本文です

アルピーヌA110に2台のカタログモデル登場 いつ手に入る?

9月21日、アルピーヌ・ジャポンは「アルピーヌ A110」にスポーツタイプの「ピュア」と、快適性重視の「リネージ」の2つのモデルを導入することを発表しました。いずれも50台限定だった「プルミエールエディション」のあとに続くカタログモデルとなります。

スポーツタイプの「ピュア」は、Sabelt(サベルト)製軽量モノコックバケットシート(レザー&マイクロファイバー)、FUCHS(フックス)製18インチ鍛造アロイホイール(シルバー)、マットカーボン&アルミ&レザーインテリア、FOCAL(フォーカル)製軽量4スピーカー、レザーステアリング&ブルーステアリングセンタートリムなどを専用装備とし、キャリパーカラーがブルーとなります。ボディカラーはブルー アルピーヌ M、ブラン イリゼ M、ブラン グラシエの3色で、価格は790万円からとなっています。

快適性重視の「リネージ」は、Sabelt製スポーツシート(ブラウンレザー)、18インチアロイホイール(ブラック)、シートリフター・リクライニング、シートヒーター、ブリリアントカーボン&アルミ&レザーインテリア、FOCAL製軽量4スピーカー+サブウーファー、レザーステアリング&ブラックステアリングセンタートリムなどを専用装備とし、キャリパーカラーがブラックとなります。ボディカラーはブルー アルピーヌ Mとグリ トネール Mの2色で、価格は829万円からとなっています。6月に先行発売された「プルミエール・エディション」は左ハンドルのみでしたが、「ピュア」「リネージ」いずれのモデルも左右どちらも選ぶことができます(※左ハンドルはボディカラーの選択肢が各1色のみ)。

2017年2月のジュネーブショーでワールドプレミアされた「アルピーヌ A110」。アルミ製ボディのサイズは全長4205mm、全幅1800mm、全高1250mmとコンパクトで、車重はピュアが1110kg、リネージが1130kgと軽量。ミッドに搭載するメガーヌ ルノースポールと同じ1.8リッター直列4気筒直噴ターボエンジンはA110用にチューニングされ、最高出力252ps、最大トルク320Nmを発揮。いずれもやりすぎていない数値で、スペックだけでもバランスが良さそうです。

50台限定だった「プルミエール・エディション」は即完売。いよいよカタログモデルの発売となるわけですが、アルピーヌ・ジャポンのアナウンスによると、プルミエール・エディションの抽選に1000人以上の応募があった日本での人気を受け、カタログモデルは世界で一番早く納車を始めるとのこと。11月下旬に予定している販売開始に先立って、9月25日(火)より10月24日(水)まで、アルピーヌ・ジャポン オフィシャルウェブサイトにて予約を受け付けます(申込金は15万円)。納期については、早ければ2018年年末から開始するそうですが、日本への台数の割当分などは現時点では未定とのことで、状況によっては納車に時間がかかるかもしれないですね。

次のページ>>スペック