サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > BMW、M2に軽量高出力な限定バージョン「M2 CS」を設定。6気筒ユニットの最高出力は450ps

ここから本文です

BMW、M2に軽量高出力な限定バージョン「M2 CS」を設定。6気筒ユニットの最高出力は450ps

独BMWは11月6日、コンパクトクーペ「2シリーズ」の高性能モデルとなる「M2」に、さらなるハードコアバージョン「M2 CS」を設定すると発表した。

M2はレース部門M Gmbhが手がける最もコンパクトなモデルであり、「メルセデス-AMG A45」や「アウディ RS3」などをライバルとするスポーツモデルだ。そうしたなかにあってM2ならではの魅力となるのはクラス唯一の6気筒ユニット。今回登場したM2 CSは素のM2で370馬力/465Nmとなるスペックをさらに強化し、最高出力450ps、最大トルク550Nmを達成。2018年に登場した「M2コンペティション」の410ps/550Nmのさらに上を行き、数値の上では「M4コンペティション」に並んだ。

もちろん、伝統の“CS(クラブスポーツ)”を冠するモデルとして、軽量化にも注力している。CSではルーフに加えてボンネットもカーボンファイバー製に変更され、50%の重量カットを実現。新たに設けられた中央のエアベントは、ダウンフォースの増強やエアフローの改善に効果を発揮する。また、オプションでMカーボンセラミックブレーキも用意され、選択すればバネ下重量が大幅に削減される。パワーアップとこうした軽量化が相まって、CSの0-100kmは4.0秒(マニュアル車は4.2秒)とM2コンペティションから0.2秒の短縮を実現している。最高速はMドライバーズパッケージが標準となるため280km/hを達成している。

サーキット指向のモデルであることが如実に表れているのが、標準のトランスミッションがCSモデルとして初めて6速マニュアルとなる点。7速DCTもオプションで用意されるが、人車一体感をフルに味わうため、敢えてマニュアルのままとするオーナーも多いだろう。BMWによれば来年にはアマチュアレーサーのためのトラック専用モデルも追加されるという。

このほかにも、マットゴールドの軽量19インチホイールや、電動フラップを用いたエキゾーストシステム、さらにはヘッドレスト一体型のMスポーツシートなど専用装備が満載。注目の価格は95,000ユーロ(約1,140万円)と発表されている。

【 BMW M2 クーペ/コンペティションのその他の情報 】
BMW M2 コンペティションの中古車一覧
BMW M2 コンペティションのカタログ情報
BMW M2 クーペの買取相場

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します