サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > アウディの新型「A3スポーツバック」登場。存在感を増したスポーティさが特徴

ここから本文です

アウディの新型「A3スポーツバック」登場。存在感を増したスポーティさが特徴

アウディは3月3日、4代目となる新型「A3スポーツバック」を発表しました。サイズは先代と全高とホイールベースは変わらず、全長と全幅がそれぞれ約3cm拡大し、全長4.34m、全幅1.82mとなっています。主要なヨーロッパ諸国では3月から先行販売が開始され、納車開始は5月初旬となります。価格は110kW(150PS)を発生する1.5 TFSI搭載グレードで28,900ユーロ。日本円で約350万円(1ユーロ120円換算)となっています。

新型A3スポーツバックは、最近のアウディのエクステリアデザインに則ったブリスター状の前後フェンダーを採用。歴代のどちらかと言えばシンプルなデザインから一転、筋肉質でスポーティなスタイルに変貌しました。

フロントフェイスはワイドでシャープなシングルフレームと、その左右に大型エアインテークが配されて、立体的で精悍な顔つきとなっています。フロントヘッドライトに採用された3×5配列のLEDからなるマトリクスLEDヘッドライトのデイタイムランニングライトは、最新のQ8やA1などと同じストライプ状の意匠で、新世代アウディ顔を強く意識させます。リアスタイルは写真で見る限り、リアウィンドウの傾斜が強くなり、ヘッドライト同様シャープになったリアランプと相まって、よりワイドでスポーティな印象です。

アクのあるデザインをエクステリア、インテリアの採用

インテリアも同様に、運転席を中心に左右に広がるブラックのインストルメントパネルの滑らかな曲線と、ドアトリムやシフトノブなどの多面的な直線とが織り交ぜられた、シックなだけではなく、いい意味での“アク”のあるデザインとなっています。インパネセンターには、上級モデルでお馴染みの10.1インチ タッチディスプレイを標準装備。手書き文字入力をはじめ、日常会話対応のボイスコントロール操作を可能にしています。上位バージョンに採用されているバーチャルコックピット プラスのディスプレイサイズは12.3インチで、3種類のビュースタイルに切り替え可能です。

また、新型に採用されたシート地は、アウディ初となるペットボトルのリサイクル素材から製作。使用する生地の最大89%がリサイクルされたペットボトルに由来するそうで、各シートに1.5リッターのペットボトルで最大45本使用されています。他にもカーペット用に同62本を使用し、さらに断熱材や吸収材などにもリサイクル材料を使用。今後アウディではすべてのモデルのシート地をリサイクル原料に変えていく予定で、サスティナビリティへの取り組みを強化するとのことです。

欧州発売時に用意されるパワートレーンは3種類で、110kW(150PS)の1.5リッターTFSIのガソリンエンジンと、ディーゼルエンジンが2.0TDIの85kW(116PS)と110kW(150PS)という出力違いの2種類。6速マニュアルトランスミッションまたは7速S tronicを介して、前輪を駆動します。少しインパクトの弱いスペックに見えなくもないですが、追って排気量の異なるエンジンやマイルドハイブリッドシステム、四輪駆動のquattroドライブといったバージョンを徐々に追加して、ラインナップを拡大する予定とのことです。

ドライバーアシスト機能は、 上級モデルではお馴染みのステアリング介入により走行車線をキープするアダプティブ クルーズアシストを採用するなど、長距離走行における快適性向上を図っています。

上級モデルに匹敵する機能を取り入れつつ、これまでのシンプルで万人受けする印象から、スポーティ路線に転向したかに見える新型A3スポーツバック。国内上陸のタイミングが気になります。

【 アウディ A3スポーツバックのその他の情報 】
アウディ A3スポーツバックの中古車一覧
アウディ A3スポーツバックのカタログ情報
アウディ A3の買取相場

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します