サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 河口まなぶも胸キュン! Fiat500 1.2POPに試乗

ここから本文です

河口まなぶも胸キュン! Fiat500 1.2POPに試乗

カワイくて愛おしい

「毎日がハッピー!」って女性誌のキャッチコピーみたいなことを言いたくなった。なぜならやっぱりフィアット500(以下、チンクと記します)というクルマには、不思議と楽しく、気持よい感触がそこかしこに溢れていて、それを表現するには何だかそんな言葉の方がしっくりくる気がするからだ。

おそらくこれが走りだけの楽しさならばまた違う言葉だろうし、逆にデザインなどの見た目だけに感じる楽しさ、気持よさでもまた違う表現になるはず。

でもチンクには、見て触れて座って走って所有して…、つまりあらゆる部分に楽しさ気持ちよさを感じることが出来る。そして同時に思うのは「そんなクルマってなかなかない!」ということ。

ま、こんな38歳のオヤジが可愛らしさを記そうとしても上手くいかないのは分かっているのだが、それでも書いてしまいたい程に、チンクは全てがカワイく愛おしく思えるのだ。(スイマセン、気色悪いかもしれませんが。)

それはさておきチンクは、まずなんといってもデザインに説得力がある。自動車ジャーナリストを気取るなら、ここでひとつかつての「ヌオーバ500」について蘊蓄を記して威厳を見せたいところだが、ハッキリいってそんなこと関係ない、と僕は常々思っている。それはニュービートルやニューミニに関しても同じなのだけど、いわゆるシタリ顔で「レトロ・モダン」を語ることなんかよりも、これらにはひと目で人を惹き付けるだけのデザイン力があるんじゃないかと思うわけだ。

確かに、「かつて」を知る人ならば懐かしさを覚えるか、あるいは嫌悪を抱くかに分かれるかもしれない。しかし「かつて」をリアルタイムで知らない僕らにとってのこれらは、新しさを感じさせてくれる魅力的なキャラクターなのだ。で、それだけで十分以上に説得力がある。なぜならこれらは、隣を見て作った似たようなクルマとは明らかに一線を画しているからだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら