サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > マーケット > 大荒れの新車販売。カローラが登録車トップ。輸入車はアウディ、プジョーが健闘【マーケット概況・10月】

ここから本文です

大荒れの新車販売。カローラが登録車トップ。輸入車はアウディ、プジョーが健闘【マーケット概況・10月】

10月新車販売は大荒れ 消費増税に加え台風の影響も

10月の新車販売は、前年比24.9%減の31万4784台と大幅に落ち込んだ。10月1日に施行された消費増税の影響に加え、各地に甚大な被害をもたらした台風19号も市場に打撃をもたらした。

登録車は、1968年の統計開始以来、10月としては過去最低となった。普通乗用車(3ナンバー車)は前年比25.3%減の9万2157台で7ヶ月ぶりにマイナスに転落。小型乗用車(5ナンバー車)は30.2%減の7万2515台で、2ヶ月ぶりの前年割れとなった。

軽乗用車は前年比20.4%減の9万5233台で、3ヶ月ぶりにマイナスに転じた。それでは順に詳しく見ていこう。